過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

本物のおもてなしは細部に宿る

  1. 社長ブログ
  2. 445 view

本日、とある場所にお邪魔してきました。
そこはおもてなしが細部まで宿る場所。
だからこそ、何気なく差し出されるお茶菓子にすら美しさが漂います。

おもてなしは細部に宿る

私もこういうの気になって仕方がない方。
なので思い切って色々聞いちゃいました。
すると分かってきたのは、その全てにおいて超こだわられていたことでした。

コーヒーの種類はどうするか?
グラスはどれを?
お茶菓子は時期に合わせてチェンジ
おしぼりはお手製
トレーも細部までこだわった上でのセレクト

言っておきますが、ここはカフェではありません。
あくまでサービスで提供するためだけのメニューです。
なのに毎回バージョンアップしていく。
無料で提供されるものですから、気にしない人の方が多いはず。
なのになぜそこまでこだわるのか?
率直な一言に強い想いを感じました。

前より手を抜いたって思われたくないんです

一流のお店は、細部までこだわり尽くします。
最近は「おもてなし」という言葉だけが一人歩きし、パフォーマンスのような場面も少なくありません。
でも本物のおもてなしは誰も気がつかないところまで徹底され、また気がつかないよう当たり前に提供されます。
だから気がつかなくても心地よく、また気が付いた人には感動を与えるんでしょうね。

最後に

Appleの製品は「神は細部に宿る」との考えから、見えない場所まで徹底的に美しさにこだわっているそうです。
おもてなしも一緒ですね。
人を感動させることって、細部まで手を抜かない強い想いからしか生まれないんですね。

もちろん超絶美味しかったです!
ご馳走さまでした。

パクれる範囲でパクります♡

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

祝令和

明けましておめでとうございます!いよいよ令和の幕開け。通常ですとお休みの本日お店を開けたのは、そんな何かがはじまる感も1つの理由なのかもしれません。令和の意味…

  • 389 view

文化は美しいもの

きちんとした印材を使い、綺麗に彫刻され、練りの朱肉で正しく押すと、印はここまで綺麗に捺すことができます。この綺麗に捺すって感覚はきっと、制度ではなく文化なんだと思うん…

  • 404 view