過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【マスターピース】ただでさえ入手困難な印材に、他では作れないケースをセットしました

  1. 印材
  2. 99 view

構想から4年。
ようやくこのパッケージが完成しました。

【マスターピース】象牙横目芯持75㎜丈×21㎜丸実印の特徴

横目芯持
通称「日輪」と呼ばれる横目芯持は、最高級の素材を探す中で、一度は目にした方もいらっしゃるかもしれません。
印鑑最高峰の象牙の、素材の持つ美しさを最大限に引き出した印材です。
通常象牙の印材は、牙と平行(縦)に取り出していきます。
これは数を多く、また均等なランクを維持するために必要なのですが、日輪と呼ばれる材料は、芯を中心に垂直(横)に取り出しした贅沢品。
日輪の名前の由来は「太陽の輪」に似ているから付けられ、輪を結んで縁起が良いとされています。

またあまり知られていませんが、日輪は彫り手の技術を最も問います。
繊維が横に寝ているため、彫刻も困難を極めます。
木で考えると分かりやすいのですが、一般的な縦目は輪切りの断面に彫刻するため、縦に彫る面の繊維が立っています。
立っているからしなりが出るため、外からの力にも耐える力が強いんですね。
ところが横を向いていることによって、繊維が寝ているため、わずかな力でも剥がれてしまうんです。
そのため熟練を極めた職人でも、慣れが必要になるのがこの日輪の彫刻になります。
私自身は修行時代に数多くの経験をさせていただいたため、この横目の攻略法を自分なりに見つけました。
通常より刃物の角度を薄くし、コントロールが難しいほど鋭角な刃物を使用します。
また合わせて極限まで研ぎ澄まされていないと剥がれが起きてしまうため、研ぎたての刃物でしか太刀打ちできません。

そんな特別な横目芯持ですが、さらに今回の商品は貴重です。
通常の横目芯持でも、100本に1本とれるかどうか。
また今回の商品のように、はっきりと目が浮かび上がる印材はさらに貴重。
そして75×21という特大サイズは、今後は入手不可能だからです。

ケースは手作りのKFケース

マスターピースアイテムですから、ケースも特別仕様でご用意。
1つ1つ材料に合わせ、手作りで木をくり抜いた型を使用するのが特徴のKFワニ革をご用意しました。

しかもこちらは革もオリジナル。
鈴印捺印マットなどでお馴染みのthree2fourさんオリジナルの、藍染クロコを特別に分けていただきました。
この手間のかかったオリジナルの美しすぎる発色は、他では決して手に入れることができません。
また手作業による着色ですから、全く同じもの作ることができません。
個人的な思い入れもあり、特別に一部のみをお譲りいただきました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

satoshi matsuyama(@three2four212)がシェアした投稿

個人用・法人用各1本限りとなります

今まで様々な印材やケースを見てきましたが、見た目のインパクトでこちらを超えるものには未だ出会っていません。
これまで見たことがないということは、今後もこちらを超えるものは登場しないことでしょう。

ようやくここに辿り着くことができました。
そんな90年近くの結晶です。

個人用と法人用、各1本づつ。
併せて24ミリも1本のみ完成しましたので、明日ご紹介します。

 

象牙横目芯持75㎜丈×21㎜丸実印(個人)の購入はこちらから>

象牙横目芯持75㎜丈×21㎜丸実印(法人)の購入はこちらから>

 

 

 

____________________________________________________________

 

 

マスターピース・デッドストックとは

マスターピースとは、鈴印の長年の歴史に裏付けられた至高の傑作たち。

印章素材のほとんどは天然材です。
工業製品と異なり天然材は品質が一定ではないため、それぞれに大きな個体差があります。
個体差を知る例として、こんな話もあります。
最高級の天然皮革は最初に王室、次にヨーロッパのスーパーブランドに卸されます。
そして残ったレザーが最後に一般市場に出回ります。
本当に良い天然素材は長年の歴史によって流通経路までも決まっており、それらを後発として入手することは非常に困難です。

私たち鈴印は創業より、特別に良い素材のみを集めて参りました。
結果として、優先的に優れた素材が集まるようになっています。
またそれらは全て、専用セラーによって厳重に保管されています。

マスターピース:傑作・名作

マスターピース
傑作・名作
Wikipediaより

マスターピースはこちらから>

 

 

デッドストックは、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

印章店においての素材は、その店のこだわりです。
なぜならその店主が惚れ込んで手に入れた特別なアイテムだから。
ところが眠ってしまっている宝物のような素材もこの世にはたくさんあります。
そういった全国各地に眠っている宝物に再び光をあて、みなさまに届けることができないか?
良い品と、それを欲するお客様の橋渡しをするのが、デッドストックです。

デッドストックはこちらから>

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

ソールドアウトのお知らせ

鈴印には全国屈指の極上印が集まっています。これは初代より継承されている企業理念「印を通してお客様の価値を高めたい」に基づきます。創業より一貫して良いものにきちんと…

  • 308 view

民生、盛り金丹ソールドアウト

鈴印には密かに厳選された一点物の象牙印材がございます。これは先代・先先代から、印鑑に最も適している素材として大切に扱ってきた歴史に基づきます。とは言え、近年は良い…

  • 521 view

ソールドアウトのお知らせ

ソールドアウトのお知らせになります。こちらも先日公開したばかりの、非常に珍しい品でした。ソールドアウトになった商品は、デッドストックの小ぶりなクジラ認印です…

  • 212 view