過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

牙蓋の残りが僅かになったため、極上鞘付きの牙蓋ケース付きが各サイズ残り1点づつになります

  1. 印材
  2. 91 view

急なお知らせになって申し訳ありませんが、牙蓋の残りが一気に少なくなってしまいました。
そのためマスターピースに掲載していた商品が、残り1点づつになります。

牙蓋の残りが僅かになったため、極上鞘付きの牙蓋ケース付きが各サイズ残り1点づつになります

以前から何度かアナウンスしていますが、KFケースの朱肉を備える(肉池)の蓋部分が象牙になっている「牙蓋(げぶた)」は、現在作れる職人さんがいないため、在庫のみとなっています。
実際に同業者の方も探されているようですが、どこを探してもないとの回答だそうです。
そのような状況にも関わらず鈴印に取り扱いがあるのは、先代の先見の明によるものです。
つまり、職人さんがいなくもう作れないとのお話があった20年ほど前に、大量にストックしました。
ところがここ最近の繁忙期もあって、多くのお客様にお買い求めいただいた結果、いよいよ残りが僅かになってしまいました。

それに伴いまして、現在マスターピースに掲載している以下の商品の残りが各1点づつになります。

象牙(極上)寸胴鞘付実印_KFワニ革牙蓋ケース付き
販売終了後は牙蓋からセル蓋に変更になります。

マスターピース掲載商品は、ソールドアウト後にお問合せをいただくこともよくあります。
商品によっては新たに見つかる場合や、新たに作ることができるものも稀にあります。
ところがこの牙蓋だけは、残念ながら2度と入手できません。
もし気になる方がいらっしゃいましたが、サイズを選べる今の時点でお早めにお買い求めください。

象牙(極上)寸胴鞘付実印_KFワニ革牙蓋ケース付きの購入はこちらから

最後に

すでに掲載しているマスターピースの牙蓋付きの商品はそのまま販売しますのでご安心ください。
つまり今後、安定供給できる商品に牙蓋を蓋をお付けすることはできなくなりますこと、ご容赦ください。

私の親父も牙蓋がなくなると聞いた時はかなり残念がっていたのをよく覚えています。
当時の私にはピンときませんでしたが、それから多くの牙蓋を求めるお客様の声を聞き、今ではよくわかるようになりました。
象牙の印材と共に並ぶ象牙の蓋、これだけで商品の格式と所有欲が一気に高まります。

ここまで素晴らしい商品が途絶えてしまうことは本当に残念です。

____________________________________________________________

 

マスターピース・デッドストックとは

マスターピースとは、鈴印の長年の歴史に裏付けられた至高の傑作たち。

印章素材のほとんどは天然材です。
工業製品と異なり天然材は品質が一定ではないため、それぞれに大きな個体差があります。
個体差を知る例として、こんな話もあります。
最高級の天然皮革は最初に王室、次にヨーロッパのスーパーブランドに卸されます。
そして残ったレザーが最後に一般市場に出回ります。
本当に良い天然素材は長年の歴史によって流通経路までも決まっており、それらを後発として入手することは非常に困難です。

私たち鈴印は創業より、特別に良い素材のみを集めて参りました。
結果として、優先的に優れた素材が集まるようになっています。
またそれらは全て、専用セラーによって厳重に保管されています。

マスターピース:傑作・名作

マスターピース
傑作・名作
Wikipediaより

マスターピースはこちらから>

 

 

デッドストックは、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

印章店においての素材は、その店のこだわりです。
なぜならその店主が惚れ込んで手に入れた特別なアイテムだから。
ところが眠ってしまっている宝物のような素材もこの世にはたくさんあります。
そういった全国各地に眠っている宝物に再び光をあて、みなさまに届けることができないか?
良い品と、それを欲するお客様の橋渡しをするのが、デッドストックです。

デッドストックはこちらから>

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

ソールドアウトのお知らせ

ソールドアウトになった商品は、ワンランク上のケースをセットした象牙45×15ミリでしたソールドアウトになった商品は、ワンランク上のケースをセットしたものでした。…

  • 85 view

「象牙について」ページを更新しました

鈴印オフィシャルHPには「象牙について」という独立したページがございます。象牙に関しての情報を掲載していますが、この度更新しました。一番大きな変更点は、以前ブログ…

  • 150 view