過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ソールドアウトのお知らせ

  1. 印鑑アクセサリ
  2. 35 view

ソールドアウトのお知らせです。
今回はマスターピースやデッドストックではなく、アクセサリ。

ギフトとして大変人気の高かった寄木朱肉です。
残念ながら2019年4月に生産中止になっていましたが、この度最後の1つがソールドアウトになりました。

ソールドアウトになった商品は、寄木朱肉でした

思い返せば私自身が一目惚れして取り扱いを決めた朱肉でした。
なぜなら朱肉の成分の良さはもとより、見た目も非常に高級感があって美しかったからです。

以下は商品ページからの引用になります。

【器】
200年の歴史をもつ箱根の伝統工芸品の寄木。
寄木とは様々な種類の木材を組み合わせて、それぞれの色合いの違いを利用して模様を描く木工技術なんです。
そしてこちらはその中でも大きめのブロックを用いて、木工ろくろで形成され、研磨やニス塗りを丁寧に重ね、高級感とモダンさと、強度を併せ持った逸品に仕上がっております。

【朱肉】
中身の朱肉に関しては、一般的な練り朱肉の温度による変化や経年硬化をほとんど感じられず、一年中扱いやすい状態で使用することができます。
しかも有機顔料だけを原料としたオーガニック朱肉なので、自然環境にも非常に優しい。
つまり環境にも配慮した上、温度や湿度の影響も受けにくく、正確な印影を可能にしています。

【香り】
おろしたばかりの墨のような香りが楽しめます。

非常に気に入っていたため店頭でも使用していますが、やはり多くのお客様が興味関心を持たれた朱肉でもあります。
最後の1個は一番大きなサイズでしたが、これにより全サイズソールドアウトになりました。

冒頭でも述べました通り、残念ながら製造中止にになっていますので、今後の入荷はございません。
お求めいただいたみなさま、誠にありがとうございました。

似たような商品

現在鈴印オフィシャルサイトに掲載している練り朱肉は、他に「大谷石朱肉入」と「クアドロ朱肉」がございます。
どちらも中身の朱肉は寄木朱肉と一緒です。
つまり器が違うとご理解ください。

また現在クアドロの50号も「売り切れ」となっていますが、昨日売れてしまったからです。
こちらは再入荷致しますが、2週間ほどお時間をいただいております。
もし届き次第発送ご希望の場合は、店頭までご連絡ください。

他の朱肉の購入や詳細は以下からご覧ください。

朱肉の購入はこちらから

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事