過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

直筆サインをハンコにする場合の流れ

  1. スタンプ
  2. 3643 view

あなたの直筆サインを、そのままスタンプにすることができます。
本体はゴム印かシヤチハタを、用途に応じてお選びいただけます。
もちろん本体それぞれの特徴も、併せてご紹介していきます。

直筆サインスタンプは、外資系企業や、外国との取引の多い方に人気です。
外国での契約はサインのため日本の印鑑のように代理ができず、ご自身で1枚1枚書かないといけないから大変。
とはいえ意思の担保という意味でサインは印章と一緒ですから、鈴印がお手伝いさせていただきます。

2014年7月1日に公開したブログですが、2022年11月19月に4度めのリライトをしました。

 

お申し込みから完成までの流れ

ここでは、お申し込みから完成までの流れをご説明します。
※サインのサイズ(面積)に応じて価格が変わるため、まずはデータをお送りいただきお見積りとなります。

【お客様】鈴印まで※1直筆サインデータをお送りください

               ↓

【鈴 印】鈴印から、お客様宛にお見積もりの提出

               ↓

【お客様】お見積もり等の内容確認いただき、鈴印までご連絡ください

               ↓

【鈴 印】ご希望に応じて、鈴印から校正の提出

               ↓

【お客様】校正の内容確認いただき、鈴印までご連絡ください

               ↓

【鈴 印】制作→1週間ほどで発送

※1直筆サインデータは、基本的にはどんなデータでもお受けいたしますが、データの状態によって修正代が発生しますので、後ほどご説明します。

 

直筆サインの価格

直筆サインスタンプのお値段は、以下の条件によって変わります。

・面積
・ゴム印か、シヤチハタ
・直筆サインデータの状態

面積が大きいほど高くなり、またゴム印よりもシヤチハタの方が若干高くなります。
またお送りいただいたデータの状態が荒いなどで別途修正代が発生することもあります。
データをお送りいただいた後、まずはお見積もりをお送りいたしますのでご安心ください。

参考にこれまでの実績から、修正代も込みでおおよそ5,000円〜15,000円位となっています。

お支払いは、クレジットカード・銀行振込・代引きからお選びいただけます。
お支払いの詳細はこちらをご覧ください。

お見積り確定後にアナウンスさせていただきます。

 

ゴム印とシヤチハタの特徴と捺印比較

では次に、ゴム印とシヤチハタの特徴をご紹介します。

ゴム印の特徴

特徴:スタンプ台に付けて押す

◯:細部まで鮮明に写り、スタンプ台で色を変えられる
×:1回1回スタンプ台でインクを付ける必要があるため、連続捺印は大変

シヤチハタの特徴

特徴:インクが滲み出る形状

◯:連続捺印がラク
×:若干のにじみがある・インクの色は変えられない

捺印比較

もちろん使っているうちに変わってはいきますが、大まかこのような違いになります。

【ここがポイント】
正確に捺したい場合:ゴム印
連続で捺したい場合:シヤチハタ

 

 

お送りいただく直筆サインの「データ」の注意点

直筆サインは、お客様からお送りいただいたデータを元にスタンプにしていくサービスです。

そこで特に重要になるのが、お客様のデータ取り込み(スキャン)の際の解像度になります。
データの解像度が低いと、かなりギザギザな印になってしまうからです。

最終的にはどんな状態のデータ(紙)でもお受けしますのが、段階に応じて別途費用が発生します。
そのためご対応可能な状態でお送りください。

 

直筆サインスタンプに最適なデータ

1.普段書く筆記具よりも、やや太めの黒いペンで書いてください

お送りいただいたデータをスタンプにするため、まずは最適な形式に変換します。
その変換の際に細すぎたり、色付きの場合、線が崩れてしまいます

そのため太めの線で書いてください。
すると以下のような実戦になり、綺麗に捺印することができます。

※カスれたサインが良い場合は細い線でも大丈夫です。
ただし耐久性はやや劣ること予めご了承ください。

【ここがポイント】
直筆サインは、太めのペンで書いてください
直筆サインは、黒いペンで書いてください

 

2.実際のサイズで書いてください

たまにご質問をいただくので、念のために書いておきますね。

直筆サインは、基本的に実際のサイズで書いてください。
大きめで書いて縮尺して小さくすることもできますが、サイズ変更の場合は、別途費用が発生致します。
もちろん必要がサイズが小さすぎで書きにくいなんて場合は、大きめで書いていただいても大丈夫ですので、ご都合に合わせて使い分けしてください。

【ここがポイント】
直筆サインは、実際のサイズで書いてください

 

3.直筆サインをスキャンする際、解像度を600dpiで取り込んでください

環境によってご対応が難しい方も多いかもしれませんが、もし可能であれば一番抑えていただきたいポイントになります。

そのためスキャンの際に、解像度を600dpiでお願いします。
もしスキャナの性能が600dpiない場合は、200dpiなどでも対応可能です。

前述した通り取り込みの際の解像度が低いと、データ変換の際に線の切れや強いザラつきが発生してしまいます。
解像度が分かりにくい場合は、このイラストをイメージしてください。

四角いマス(ピクセル)が大きい(荒い)ため、線がガタガタになってしまいます。
そのため四角いマスが小さい(細かい)データの理想が、サインスタンプの場合は600dpiということになります。

とはいえ解像度の変更はスキャナにもよりますので、説明書や詳しい方に聞いてみてください。

とはいえ少しややこしい話になりますので、ご不明な場合や対応が難しい場合は、まずはそのままお送りください。
後ほど修正可能か、ご連絡させていただきます。
※保存形式(拡張子)は特に問いませんので、pdfやjpegやTIFなど保存しやすい形式で大丈夫です。

【ここがポイント】
直筆サインをスキャンする際は、解像度600dpiで取り込んでください(200dpiでも大丈夫です)
解像度指定が難しい場合は、まずはスキャンしたデータをそのまま送ってください

 

上記のデータが完成しましたら、以下の専用サイトにてお送りください。
担当者からご連絡をさせていただきます。

データ入稿はこちらから>

 

 

スキャンが難しい場合

お客様の環境によってスキャンが難しい方もいらっしゃいます。
また先にお送りいただいたデータが荒すぎて作成が難しい場合もございます。
その場合は、実際にお書きいただいたデータをお送りいただくようになります。

1.以下の内容をコピペの上、直筆で書いた物を郵送でお送りください

【直筆サインスタンプ制作依頼】
・本体:シヤチハタ or ゴム印
・サイズ:実寸 or サイズ変更
・サイズ変更の場合:横幅◯◯ミリ
・お客様:    様
・ご住所:〒
・電話番号:
・メールアドレス:

サイン到着後、修正代と併せまして、ご連絡させていただきます。

<郵送先>
〒321-0964 栃木県宇都宮市駅前通り2-1-3 株式会社鈴印宛て
TEL:028-637-3884

 

※サイン部分が折れないようにご注意ください

最後に

全てのお忙しい代表者様へ。
簡単に作って、簡単に押して、限られた時間を有効に使いませんか?

データ入稿はこちらから>

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

年賀状用ゴム印はこれでキマリ!

年賀状の準備はできていますか?デジタル全盛だからこそ、アナログの良さを見直している方が増えているようです。そんな時に便利なのが、風雅印と呼ばれるゴム印です。お…

  • 1160 view