過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ソールドアウトのお知らせ

  1. 印材
  2. 77 view

今回はマスターピースの逸品がソールドアウトになりました。
鈴印では珍しい宝石印、しかも今では手に入らない最高クラスの印でした。

ソールドアウトになった商品は、今は手に入らない最高クラスのグリーン翡翠

 

ジェダイトと呼ばれる本翡翠は、それだけでも非常に価値の高い素材です。
その中でも一切のムラがないものは、今ではもう取れないそうです。

翡翠自体、本物かどうかの区別は専門家でも難しいと言われています。
そのため今回、印材の価値を専門家に再確認しましたところ「今ではお目にかかれず、羨ましいです」とのお墨付きをいただきました。
こちらの仕入れはまたしても私の父ですが、やはりその眼力は間違いなかったようです。

それだけ貴重にも関わらず、国際情勢によって入手がさらに困難になっているとのこと。
中国を経由して入手できるミャンマー産の翡翠は、現在中国の出国禁止によって全く流通が行われていないようです。
つまり同じものが手に入る可能性は、限りなく0に近いと言えます。

それら全てがおかげさまでソールドアウトになりました。
お買い上げいただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

ソールドアウトになった商品の詳細は以下をご覧ください。

ちなみに上記ブログ内にもリンクがありますが、さらに上のラベンダーグリーン翡翠は、まだ在庫が残っています。

________________________________________________

マスターピース・デッドストックとは

【鈴印マスターピース】は、鈴印の長年の歴史に裏付けられた至高の傑作たち。

印章の素材のほとんどは天然材です。
天然であるということは一定でない、つまり品質には大きな個体差があるとも言えます。
個体差を知る例として、こんな話もあります。
最高級のレザーは最初に王室、次にヨーロッパのスーパーブランドに卸されるのはご存知でしょうか?
そして残ったレザーが次に、一般市場に出回るのです。
つまり本当に良いものは、長年の歴史の積み重ねによって流通経路までも決まっています。
逆に言えば、それらを後発として入手することは非常に困難です。

私たち鈴印は長年に渡り、特別に良い素材のみを集めて参りました。
その結果として、優先的に優れた素材が集まるようになりました。
そしてそれらは専用セラーによって、厳重に保管されています。

マスターピース
傑作・名作

マスターピースはこちらから>

 

【鈴印デッドストック】は、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

印章店においての素材は、その店のこだわりです。なぜならその店主が惚れ込んで手に入れた特別な品々だからです。
ところが諸事情により、眠ってしまっている宝物のような素材もこの世にはたくさんあります。
そういった全国各地の眠っている宝物に再び光をあて、みなさまに届けることができないか?
つまり良い品と、それを欲するお客様の橋渡しをするのが、鈴印デッドストックです。

デッドストックはこちらから>

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

【重要】エブリナ材の販売終了のお知らせ

今まで長年みなさまにご愛顧頂いておりました実印・銀行印・角印用印材「エブリナ」ですが誠に勝手ながら今月12月28日(土)をもちまして、販売を終了させて頂きます。  あらか…

  • 823 view

【新発売】マンモスの牙の印鑑、発売開始

1万年以上前の氷河期に生息していたマンモス。その牙はシベリアの永久凍土から今でも発掘されている、象牙に匹敵する希少な天然材です。鈴印店頭ではかなり前から根強い人気…

  • 151 view

牙継材が届きました

HPに掲載の度に、あっという間に全て売り切れてしまう牙継(げつぎ)材。牙継材とは印章の材料としての最高峰は今でも変わらず象牙ですが、それ相応の価格にもなり…

  • 994 view