過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

親子でスノボー、ハンター&エーデル比較

  1. 社長ブログ
  2. 25 view

やはりこの時期は雪山に行きたくなります。

そもそもワタクシ自身、独身時代の趣味といえばサーフィンとスノボーでした。
だから車も四駆で上にジェットバッグを積み、夏と冬で中身の板が違うって感じ。
一人で好きな時間に行って、数時間楽しんで満足したら帰る。
たったそれだけなのに、壮大な自然の中にいると本当心からリセットされるんですね。

結局その気持ちは今も変わらず、変わったことといえば子供たちと一緒に一緒に行くようになったこと。
メンツが変わると場所も変わり、それまでは混んでいて避けてたハンターがメインに。
やはりキッズパークや食事がどこよりも充実しているため、家族総出で行くには最適だからです。
また複数の家族で行くことも増え、それによってエーデルに行く機会も増えてきました。
まあどっちも結構行ってますからね、一旦まとめてみようかと思いました。

親子でスノボー、ハンター&エーデル比較

昨今のニュースでは「雪が少なくてスキー場が悲鳴を上げている」なんてのを目にしますが、混んでますね^^;
それも踏まえて結論から申し上げますと・・・

子供たちはハンターが好き

ってことになりました。

正直ワタクシ個人の感想としてはエーデルも好きです。
1番の魅力はハンターと比べると人が少ないんで滑りやすいんですよね。
なのでなんだかんだ理由をつけてはエーデルを勧めることもあります。
あと価格も安い・・・って思ってたけど、それらも含めて改めて比較をしてみました。

価格

家族3人で差額3,500円

我が家は全員板はレンタルで、今やすっかり馴染みになった麓のレンタルショップでお借りしています。
場合によってはそちらでリフト無料券を頂けたりと、やはり愛想良くしておくもんですね♡

なのでリフト券だけでの比較をしたいと思います。
ハンターは食事が充実していてついつい余計に食べてしまったり、あと帰りに駐車場代を払うので結構高いイメージがありました。
あと毎年微妙に価格やサービスが違うので、一概にはいえないんですけど、差額は3,500円でございました。

ハンターマウンテンリフトチケット

エーデルワイスリフトチケット

上のリンクを参考に、食事代を別とすると大人1人+小学生2人の場合は、以下のようになります。

  大人リフト券 子供リフト券 駐車場 合計
ハンター 5,900円 4,900円 1,000円 16,700円
エーデル 5,400円 3,900円 0円 13,200円

改めて調べてみて、個人的には体感より差がない印象でした。

コース

ハンターの方が広い

一番違うのはこれですよね。
ハンターの方が広くて長い。
だから長男と2人の場合は迷わずハンターって感じ。
ところが最近は次男も一緒で、木の葉滑るのため長距離が辛いんですよね。
なので選択肢としても迷っています。

ハンターマウンテン

https://www.hunter.co.jp/winter/course/より

これも時によりますけど、トップオブハンターあたりは結構空いてます。
空いてるあたりをリピートすれば、かなり充実した時間になります。
まあでもそこに行くまでが本当混んでいて、リフト並びがなかなかです。

エーデルワイス

https://edelsnow.com/information/coursemap.phpより

右上の枯木が結構空いてます。
袋小路みたいになっているし、距離も短いんで人が少ないのかもです。
ただ結構緩急があって楽しいんですよね。

まあでもコースだけで見るとやはりハンターが楽しいかもですね。

混雑

エーデルの方が空いている

ハンターマウンテン

まあいつ行っても混んでますよ。
そして誰か友達に必ず会います。
またたまたまでしょうけど、いつも天気がいい♡

基本第1クワッドリフトかゴンドラからスタートになりますが、混んでる時はどっちも15分待ちとか。
なのでこの混雑が予想される時は、どうしても避けてしまいますね。

エーデルワイス

もちろん混んでる時もありますが、ハンターと比較すると空いています。
また誰かに会うことはほあまりありません。
そしていつも曇天♡

やっぱいつ行ってもリフトの並びがほとんどないのは魅力です。
もしワタクシ1人で行くとしたら、迷わずエーデルを選びます。
だって滑りに来てるんだから。

ロケーション

ハンターが最高

これはもう圧倒的にハンターです。
やはり山頂の標高が違いますからね。
その差は歴然です。

ハンターマウンテン

去年の写真ですけどやはり壮大です。
また1番の魅力もこれにあると思っています。
なんかこの景色を見ていると、日々のモヤモヤも全て吹き飛んでしまい、新たなアイデアが生まれるきっかけにもなっていますね。

エーデルワイス

同じく山頂です。
もちろん決して悪いわけじゃないんです。
ただハンターに見慣れていると、低いって感じてしまうだけで。

ちなみにロケーションだけで言うと、去年行った南郷はぶっちぎりでした。

これだけでまた行きたいと思っちゃいますけど、さすがに今のチーム編成では遠いっす^^;

せっかくなので思い出も♡

今年から次男も本格デビュー。
今では誰よりも楽しみにしているようで、親としても嬉しい限りです。

ウエアも無事兄のを着れて、親的にも一安心。
まだ木の葉ではありますが、それでもエーデルの山頂も、そしてトップオブハンターの景色も見ております。
まあトップオブハンターは恐怖でしかなかったようですが。

驚いたのは、ビンディングが外れても気にせず滑っていたところ。
おおらかさにもほどがある。
きっとママ似なんでしょう♡

長男はもう6年目になるのかな?
ワタクシが必死に練習中の手をつくカービングターンも先にクリア。

普段スケボーをやってるせいか、よくわからんジャンプとターンを繰り返しています。

一番驚かされたのは、リフトから降りて片足しかビンディングが止まっていない状態でジャンプするとか、もはやワタクシの理解を超えています。
一方で次男に対して細部に気付く長男。
ビンディングの角度から位置まで、自分が納得する状態じゃないと嫌ですし、ママに借りたウエアも動きを入念にチェックするほど。
神経質さにもほどがある。
きっとママ似なんでしょう♡

最後に

そんな感じで2つを比較すると、子供たちはハンターが好きってことがわかりました。

まあ確かに建物も綺麗だし、エンターテイメント的要素が強いですからね。
あとおそらく都心から来る若者も多いように見受けられます。
やたらオシャレでギラギラ・・・じゃなくてキラキラして雰囲気を身に纏っていますからね。
自分の若かりし頃を思い出して羨ましくもあったりw

まあ個人的には必ず誰か友達と会う魅力も兼ね備えています。
やっぱ人と会うのは楽しいです。

そして1番の理由は、子供たちが行きたいって言う点ですね。
ワタクシの夢の1つでもあった、子供たちと一緒にスノボーの夢が叶いましたからね。
それをより楽しんでくれたら最高です。

ちなみに今年の目標は次男を独り立ちさせて、上2人で勝手に滑らせ、来年三男も連れていくこと。
そんなことを思いつつ、三男に聞いてみました。

ワタクシ
お兄ちゃんたちと一緒にスノボーやりたい?

三男
それよりスキーがいいかな!

空気の読まなさにもほどがある。
きっとママ似なんでしょう♡

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

レンタルバイク体験記♡

各方面から結構なリアクションをいただいております、鈴印ブログレンタシリーズ。ただなんでもそうですけど、初っ端にメインを持って行っちゃうと後が大変。ちなみに初っ端は…

  • 1901 view

zoomでのカメラ性能比較

おかげさまで引き続きご好評をいただいています、zoomを使ったオンライン相談。これまでどちらかというと文字デザインがどんな感じになるのか?のご相談が多かったのですが、…

  • 84 view

意外に知らない漢字の成り立ち

われわれのようなハンコ屋の仕事は、ハンコを彫る事なワケなんですがハンコを彫る事=文字を彫る事つまり、文字の勉強もしないといけないワケなんです! せっかくですからね、少しで…

  • 2264 view