過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

日輪の美しさは、彫り手の気持ちを昂めてくれます

  1. 印材
  2. 832 view

ここ最近、なぜかご注文が続いている日輪。
ちなみに日輪とはこんな材料です。

日輪と呼ばれる材料は、芯を中心に垂直(横)に取り出しした贅沢品。
日輪の名前の由来は「太陽の輪」に似ているから付けられ、輪を結んで縁起が良いとされています。
鈴印オフィシャルサイトより

とにかく見た目の華やかさに反して、入手が困難になってきているため人気なんだと思われます。
そしてこの見た目は作り手の意識すらも変える力を持っています。

日輪の美しさは、彫り手の気持ちを昂めてくれます

全てのものづくりに共通するのは、モチベーションの維持だと思われます。
特に重要だったり細かかったりと神経をすり減らす作業になればなるほど、精神は消耗してきます。
まあ職人さんは全て、お客さんに感謝されるために作っているわけですが、そこまでは死に物狂い。
だから完成まで気持ちを維持するのが大変なんです。

とまあ多少大袈裟に書きましたけど、少なからず一定して自分のモチベーションを上げるために人それぞれ工夫をします。
私の場合はこうしてブログを書いたりなどと日中のバタバタが終わり、夕方閉店前後の比較的静かな時間帯。
終わりまでに限りがありますし、他の仕事も終えて1つに集中しやすい貴重な環境。
ご注文の際のお客様の様子や、やりとりなどを思い出し、俄然集中力も増してきて、一気に製作に向けて気持ちが昂っていきます。
そしてそんなタイミングで、素晴らしい素材は、さらに一段上げてくれるんですね。

取り出した職人さんの想い、ご注文いただいたお客様の想い、プレゼントされる方への想い、印章を大切にしてくださる想い。
そんな様々な想いが、この模様をみている内に頭の中を駆け巡ります。
自分でもスイッチが入るのがわかるんですね。不思議です。

最後に

お求めいただいたみなさまに共通するのが「なんか縁起が良さそう」といった感想です。
写真だけではなかなか表現しきれないのですが、現物はかなりの存在感です。
なんとなくですが観音様のようなありがたさを感じる雰囲気に近いんでしょうかね?

ただし間違いなく言えることは、作り手の気持ちも購入されたお客様の気持ちも昂めてくれるのは、本物だけです。
それはもう、ビリビリ響くんです。

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

鈴印が象牙を強くおすすめする理由

「印鑑の材料として一番のおすすめは?」と聞かれれば、私たちは迷わず「象牙」と答えます。その理由は印鑑の役割でもある、捺印が綺麗で使うほどに良くなる点、丈夫である点、手…

  • 37 view

「象牙について」ページを更新しました

鈴印オフィシャルHPには「象牙について」という独立したページがございます。象牙に関しての情報を掲載していますが、この度更新しました。一番大きな変更点は、以前ブログ…

  • 150 view

ソールドアウトのお知らせ

ソールドアウトのお知らせです。ソールドアウトになった商品は、新品をデッドストック価格でご提供した象牙でしたこちらはあまり例のない商品でした。デッドスト…

  • 209 view