過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

釣って焼いて食べる体験

  1. 社長ブログ
  2. 227 view

なんでしょう、ここ最近の停滞感。
もちろん休日の話ですが。
宇都宮市内の子供づれ施設はほぼコンプしてまして、もう目新しさがないんですよね。
もしかすると子供たちは楽しいのかもしれないけど、ワタクシ的にもう飽きちゃった。
なんか新しい体験じゃないとワクワクしないんですよね、性格的に。

そんな折、ほぼ同世代の子を持つパパ友から貴重な情報を提供していただきました。
那須が熱いと!
ほうほう、そういえば結婚式を挙げた関係から以前は毎週のように足を運んでいた那須。
そういえばワタクシが小さい頃も、よく連れて行ってもらってましたね。
もう決定です。

今回は長男不在。
そのため小さい子だけでも楽しめそうな、トレジャーストーンパークがメインだったんです。
ところがいざ始まると色々とありますね。

 

行き先が南ヶ丘牧場になった

長男と奥様を別の場所で降ろし、ワタクシと次男と三男で向かった先はトレジャーストーンパークではなく、南ヶ丘牧場。
なぜって早く着き過ぎちゃったから。
基本朝弱いワタクシですから、朝イチで動くことなどほとんどないんですけど、この日は諸事情で南ヶ丘牧場に8時ちょい過ぎに到着。
トレジャーストーンパークは10時開始なんですよ。
だから時間潰し程度の感覚で、南ヶ丘牧場にしました。

着いたら誰もいなくてですね、コロナの影響でもあるのかな?なんて思っていたら、ただ早過ぎただけでした。
完全に想定外だったので、まず何しようか?からスタート。
すると「さかなつり池」なるスポットが。
これはいい!
なんて進んで行くと、なんと釣ったさかなを焼いて食べる体験!!!
ワタクシ日頃料理をしませんってか、一切できませんし、焼肉ですらいつも冷たい状態で食べてますから、不安はもちろんございます。
でも、ま、聞けばいいや♡

子供たちもそれを伝えるとテンション劇MAX。
久々の新体験にワタクシも親父の威厳の見せどろこ♡

 

マス釣り→焼き→食べ体験はかなりスペシャルだった

釣り体験

自分トコの釣ってる写真撮り忘れちゃったんで、一部ぼかしますね。

まあ釣り堀ですから、釣り自体は簡単だろうとの想像はつきます。
ワタクシも過去それなりに川や海や船釣りを好んでおりましたので、そっちはなんとななるかと。
いわゆる練り餌を針先に付けて釣るスタイルですから、何も考えることはありません。
それよりもしかすると次男も三男も、釣りに連れて行ったのは初めてかも?な感じなんで、そっちのやり方の説明を子供たちに。

次男はもう自分でできると思い、「早く!早く!」と急かされるのを他所に実際にやって見せます。

[speech_balloon_left1 user_image_url=”http://suzuin.co.jp/blog/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png” user_name=””]餌をこのくらい取って、針が見えなくなるようにまるめるんだよ。
指に刺さらないように気をつけて。
で、池に投げて、グンって引っ張られたら竿を上に上げるだけ。
こうやって・・・[/speech_balloon_left1]

投げたら、まさかの1秒で釣れる♡

こちらのシステムを見ますと、釣っていいのは食べる分だけ。
キャッチアンドリリースはNG。
つまり釣った分だけ売上になるシステムですね。
過去に釣りをしてきた経験から分かることは、時間貸しの釣り堀はほとんど釣れる試しがない。
何匹釣っても同じ価格ですからね。
だけど例えば旅館とかのアトラクションで行っている釣り堀は、恐ろしいほど釣れるいわゆる入れ食い。
こちらは釣っただけ料金が発生しますから当然です。
やっぱこういうシステムを考えたら勝ちだよな?なんてこんな時でも頭はそっちをよぎります。

入れ食い釣り堀ですから、次男が結構適当にやっても一瞬で釣れるわけですよ。
あの引きの瞬間は男のロマンですから、興奮冷めやらぬ次男。
三男はさすがにちょっと難しそうなんで、手を取ってトライ。
一回バラしちゃうも、二回目で釣り上げることができました。
2人とも目がキラキラです。

 

焼き体験

ここでもシステムはよくできています。
ワタクシのように食でなんの役にも立たない人間でも大丈夫。
スタッフの女の子が、見事に綺麗に捌いていきます。
その手つきを見るだけでも価値があります。
それを見ながら次男がおもむろに発します。

[speech_balloon_left2 user_image_url=”http://suzuin.co.jp/blog/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png” user_name=””]安らかに天国に行ってんだよ[/speech_balloon_left2]

なんとなくいつも人を小馬鹿にしている彼も、この時は命を感じる瞬間だったようです。

串を刺してもらい、焼き方のご指導をいただきます。

[speech_balloon_right1 user_image_url=”http://suzuin.co.jp/blog/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png” user_name=””]まずは背中側を下に斜めに刺してください。
塩を振っているのでその塩を目安に背中側から焼いて、次に横側で、反対側も繰り返して3面焼いてからお召し上がりください。[/speech_balloon_right1]

ワタクシ当然、魚を焼いた経験などございませんから、わからないことだらけです。

[speech_balloon_left1 user_image_url=”http://suzuin.co.jp/blog/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png” user_name=””]目安ってどんな感じですか?[/speech_balloon_left1]
[speech_balloon_right1 user_image_url=”http://suzuin.co.jp/blog/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png” user_name=””]塩が狐色になったら大丈夫です。[/speech_balloon_right1]

まあ取り敢えずやってみるかと他を見渡しても誰もいない。
時間が早過ぎて誰もいなかったんで、見本になる人がいない。
まあなんとなく言われた通りにやってみました。

実はここですでにNGを犯していたのを知るのは、しばらく経ったあと。
焼肉と違ってなかなか焼けないな?なんて思いつつ、焼き加減がさっぱり分からんのです。
すると途中から次のご家族が隣に。
ここのパパは頼もしい限りで、テーブルで待つ大家族のために1人で焼いています。
チラ見しながら、なんとなく角度がおかしいことに気がつくワタクシ。
そちらは炭に対して水平な感じなんですけど、こちらは垂直気味。
でもチラ見なんで詳しいことまでわかりません。

ま、いっか。
そんな感じで動画を撮ったりして時間をつぶします。

美味そうっすよね?
でも1つ困ったことがありました。
串を抜いて角度を変えるときに、熱くて握れんのです。
ふと見渡すと軍手があって、それを使うことにしました。
でも隣を見ると、なぜかそのパパは素手で対応。
慣れると熱く感じないのかな?

こちらは一向に狐色にならないのに、先に取り出して食べ始めるお隣様。
あれ?生焼きが好きなタイプなのかな?
なんて思いそのまま続けていると、近くを通ったスタッフの方からご指摘をいただきました。

[speech_balloon_right1 user_image_url=”http://suzuin.co.jp/blog/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png” user_name=””]お客様、串を炭の中に刺してしまうと、串が焼けてしまいます。
なのでこのように外側に刺してくださいね。[/speech_balloon_right1]

全ての謎が解けた瞬間でした♡

 

食べ体験

スタッフの方もワタクシが不慣れなのを察し、こまめに様子を見てくださいました。

[speech_balloon_right1 user_image_url=”http://suzuin.co.jp/blog/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png” user_name=””]口から出る油が白くなったら食べ頃です。[/speech_balloon_right1]

[speech_balloon_right1 user_image_url=”http://suzuin.co.jp/blog/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png” user_name=””]あっ!今がちょどいいですね。
どうぞお召し上がりください。[/speech_balloon_right1]

なんて事細かに教えていただき、ようやく完成。
でもここで一抹の不安もありました。
さっきまで泳いでいた魚を、子供たちは抵抗なく食べてくれるのか?
次男はそういうのほとんど気にしないタイプなんで、速攻でかぶりつきます。
一方三男は不安だったようです。

[speech_balloon_left2 user_image_url=”http://suzuin.co.jp/blog/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png” user_name=””]もう動かない?[/speech_balloon_left2]

大丈夫な旨を伝え、次男が美味しそうに食べているところを見て、食べ出します。
美味しかったようで加速です。

2人とも綺麗に頭と骨だけを残して、全てたいらげてくれました。
最後に珍しく「ごちそうさまでした」って手を合わせた瞬間、親として大切なことを伝えられたような気がしました。

 

最後に

その後、乗馬→動物ふれあい体験→ジンギスカン→トレジャーストーンパーク→那須ハイランドパークと詰め込んだ1日。
トータル9時間の詰めに詰め込んだ1日となりました。
そして夜寝る前に今日一番楽しかった思い出を聞くと、どちらも思い出は那須ハイのみでした。

朝の記憶はアップデートされちゃったようです♡

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

連休で一番消費するモノって?

鈴印は暦通りの営業ですので、今日はゴールデンウイークの中営業、っていうか・・・中休み。久々にPCを前にしモニタなんぞを見ておりますと、ちょっとで頭がフラフラし、いかに…

  • 230 view

セルフレジが苦手です♡

最近少しづつ増えてきましたね、セルフレジ。券売機ならワタクシでも対応可能なんですが、セルフレジはどうも苦手。最初にお会いしたのは確かスーパーでした。そもそもあ…

  • 83 view

引く引く理論は成功したのか?

先日は雨天ゴルフでした。ただ天気とは別に、この日は大きなテーマがありました。それが「引く引く理論」前回のコンペで友人から教わり、その後YouTubeを見まくっ…

  • 62 view

慣れてきたことと慣れないこと♡

よくブログに書いてますが、ワタクシ料理の類は一切致しません。正確にいうと、できません。つまり生きていくための能力を、一切持ち合わせていないと言い換えることもできま…

  • 167 view