過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

MacBookクラムシェルモードに変えてからのiPadの利用方法

  1. 社長ブログ
  2. 2221 view

タイトル見て「なんのこっちゃ?」って方もいると思うので、簡単に説明しておきます。

今までのワタクシの仕事環境は、デスクではiMac、出先でPCが必要な時はMacBook、それ以外はiPadを持ち歩いていました。
なんですけど、やはり一番使う時間が長いのはデスクですから、どうしてもデスクトップに置き忘れなんかもある。
データも完全にクラウドって状態ではないので、出先で必要な情報にアクセスできないことも多かったんですね。
他にも普段あまり使わないMacBookだと、PCのバージョンだったりアプリのバージョンだったりと、出先で不具合が色々と出てきます。
なのでメインPCをiMacからMacBookにして、出先でも同じ環境を再現できることを理想としました。
でクラムシェルを今回採用したんですけど、その辺は過去のブログを見てください。

で、1つ大きな修正を加えると、また色々と変化が出てきます。
「実際に変えてどうなったの?」
身近な人たちからそんな質問を受けるようになったので、まとめておきたいと思います。

 

MacBookクラムシェルモードに変えてからのiPadの利用方法

まず結論から言うと、まあiPadを持ち運ぶことはほとんどなくなりました。
だってやっぱり何かをするには、使い慣れたメインPCがあった方が楽ですもん。
逆にワタクシにとってのiPadの利点って、SIMが入ってるからテザリングしないですぐ使えるってとこだけですかね?

メインPCを持ち運べると、いわゆるテレワークも完成し、自宅でもほぼ不自由なく仕事ができます。
なのでiPadは仕事場の環境(2画面モニター)に軽く近づける役割で、Sidecarで繋いでセカンドモニターとして使用しています。
が、これもワタクシにとっては基本何もしたくない自宅ですから、物珍しい最初だけでした。
結局MacBookの1画面でできる範囲の、軽い作業だけになりましたね。

元々は、わざわざPCを持ち出すほどでもない打ち合わせの時に使えると思って購入したiPadです。
なので完全にその役割を終えました。
とはいえ、せっかく買ったのに使わないのはもったいない。
で思ったのが、多分本来のiPadの使い道なのかもしれないですけど、自宅内での閲覧用。
アウトプットするためのツールではなく、インプットするためのツール。
まあワタクシにとっては大画面のiPhoneってイメージですね。
具体的には

読書。

ワタクシ案外昔から読書好き。
まあ興味が湧いた時に、興味があるものだけ読む程度ですけど、漫画からビジネス書から小説など、結構色々読んでます。
その時にiPhoneだと小さくて辛いし、PCだと読みにくい。
まあやっぱ本の方が読みやすいと思いますよ。
どの程度読み進んでいるかすぐにわかるから。
だけど物が増えるのはもっと嫌なんで、iPadは重宝しています。

あと年に数回ですけど、映画を見たくなる時もある。

なぜか急に、また見たくなりました。
当時あんなにカッコよかったトムも、今のワタクシの年齢で見ると〇〇ガキ♡

ここまで書いてて思いました。
じゃあKindleでよかったんじゃね?

 

最後に

まあ他にもワタクシの場合、オンライン相談での判下デザインの共有っていうiPadでしかできない大切な役割も残っていますので、もちろん使い続けます。
zoomのホワイトボード機能で代替えできないかと思いましたけど、マウスで手書きはやはり辛いので。

そしてなんとなく思ったのが、結局iPadって新しい物好きが買ってみて、もったいないから無理くり使い続けるツールなんではないかと。
もちろん最適な用途がある人にとっては別ですけど、無理矢理ペーパーレスにしようとして、無理矢理使っている気がしてしょうがない。
学校の宿題、iPadでやる意味あんのかな?

結構早い段階でペーパーレスに向けて動いてきたワタクシは、基本的に打ち合わせに紙を持っていくことはありません。
それにはiPadって大きく貢献してくれたように思います。
ただ買った時に思っていた「これ何に使うの?何が便利になるの?」って根本的な問題は、結局ワタクシにとっては未解決のまま。
だってノートPCとスマホがあれば、ほぼ済んでしまうから。
読書するには、ちと重いし。

以上がワタクシにとってのiPadの現在でございました。
逆にこんな便利な活用法があるよって方がいましたら、ぜひ教えてください。
ちなみにワタクシ、手書きのペン文字は汚くて誰も読めない特徴がございます♡

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

iPhoneが割れた時の対処法

いや〜参りました。普段いかにiPhoneに頼っているかを痛感する日々。昔は携帯するものの中で最重要品といえばお財布でしたが、今はそれよりもiPhoneかも。電…

  • 67 view