過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

経営者が差し出された朱肉を使わない理由はこの2つ

  1. 印鑑の物話
  2. 5288 view

最近このお話をよく耳にします。

というのはワタクシも基本的に、印章を押す際に差し出された朱肉は使いません。

すると必ず不思議そうに、こう言われます。

「大丈夫ですよ。経営者の方ってハンコにこだわり持ってて『自分の朱肉じゃないと押さない』って方多いですから」

その方はきっと心の中でこう思っているはずです。

 

「なんかこだわってるけど、朱肉なんかどれ使ったって一緒だよ。」

その方の心の声より♡

ワタクシ人の心を読めます♡

 

でもきっと差し出された朱肉を使わない方はこう思ってるはずなんです・・・

 

 

経営者が差し出された朱肉を使わない理由はこの2つ

使いまわされた朱肉

 

1.どうせ綺麗に写らない

経営者の方って、当然印章を押す機会も多いです。

だからなんとなく感じてるんですよ。

「どうせ綺麗に写らないんでしょ?」って。

 

実際ワタクシもお借りした朱肉で綺麗に押せたコトって、ほとんどありません。

(中にはあります)

 

例えば銀行とかに備え付けの朱肉で、綺麗に押せたコトってあります?

ごくたまに綺麗に押せるコトもありますけど、その時は「きっと新しいのに交換したばっかりだな?」なんて思います。

つまりほとんどの場合、朱肉のインクの使いすぎで、かすれて綺麗に写らないんですよ。

かと言って、毎朝チェックするリストにも朱肉は入っていないと思うので、言われるまでそのまま。

そんな感じじゃないですかね?

 

あとは営業の方も丁寧に取り扱ってはいただけるんですが、朱肉のインクの補充をしていないため、綺麗に写らない。

ペンのインクは切れたら分かるけど、朱肉のインクが切れても気がつかない。

 

でもこれって原因は「知らないこと」なんです。

ってことは、それを販売する際に説明していない、私たち朱肉を売っている側の責任なんですね。

なのでブログに書いてみました。

 

でも捺印をマメになさる方は、その原因までご存知かどうか分かりませんが、よく写らない場合が多いことを知っていらっしゃいます。

だから自分で持っていった朱肉を使うんです。

 

 

2.汚い

使いまわされた朱肉

使いまわされている朱肉は汚いモノが非常に多いです。

当然そうですよね?

だって自分のじゃないし。

 

全ての人が綺麗に印章を扱ってるワケじゃありません。

押してそのままケースにしまう方だって多いです。

すると印章自体が汚れてくる。

そしてその汚れた印章を朱肉につけるから、今度は朱肉が汚れる。

 

誰でも大切にしているモノを汚れた所につけたくないですよね?

例えるなら、洗ったばかりの車で水たまりに入りたくない心境。

 

でもこれも仕方無いんです。

掃除の仕方を知らないから。

なのでその方法もちょっとだけご紹介。

 

ワタクシの場合、朱肉が汚れた際には繊維の抜けない布等で表面の汚れをさっと落とします。

印笑福

印笑福なんかもいいですね!

 

表面が綺麗になっているだけで印象が変わります。

大事な契約の前には、さっと一拭きするだけでご成約率も変わるかもしれませんよ♡

 

 

まとめ

普段何気なく使っている朱肉ですが、印章を大切にされる経営者の方はよく見ている方が多いです。

それは知っているからなんです。

じゃあその知っている方の上を行けば、さらにその方の満足度を上げることができますよね?

 

それでワタクシがオススメしたいのはやはり

練り朱肉

練り朱肉です。

 

なぜならこまめなメンテナンスが必要だからです。

押し方が人それぞれです。

軽く押す方もいれば、強く押す方もいる。

強く押せば当然・・・

ボコボコ

グチャグチャになる。

 

でもちゃんとメンテナンスをすれば・・・

綺麗な練り朱肉

元通り。 

毎回契約の度にきちんとメンテナンスしてその席に臨めば、当然印章を大切になさってる経営者の方も感激します。

そのくらいの想いを持って臨めば、相手にだって伝わります。

 

だけどそれを知らないからできないんです。

そしてこれも私たちの責任。

なのでその練り朱肉メンテナンス法もご紹介します。

【まとめ】オススメの朱肉と、メンテナンス法と、使い方はこちらから

 

 

綺麗な朱肉をご用意して、大切なお客様に気分良く捺印していただきましょう!

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

お札と切っても切れないモノ

 お札と切っても切れないモノ先日は金融関係の方の就任のお祝いでした。なのでその席では、お金にまつわる諸々のお話が出ましたね。その中でこんなお題が。…

  • 1899 view

新たに成人になられたみなさまへ

少し遅くなりましたが、今年成人を迎えたみなさまおめでとうございます!よく「成人になると大人の仲間入り」なんて事を言われますね。ま、お酒が飲めたり(堂々と) あとは、タバコ…

  • 176 view

総会資料に捺す印鑑

この時期は多くの総会が目白押しですね。みなさんもいずれかに参加されていることと思います。最近では総会資料もWEB閲覧なんて場合も増えてきたんでしょうかね。デー…

  • 118 view