過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

友達の増やし方

  1. 社長ブログ
  2. 130 view

最近嬉しいことにアチコチから、私の交友関係の質も数も凄いと言われます。
確かに言われてみるとそうかもですね。
って、こんなこと言ってて痛いやつだと思わないでくださいね♡

困った時には必ず誰かが助けてくれますし、今みたいに緊急事態明けとかだと余計に感じますね。
夜は、空いてる日なし。

まあでも過去には、ほとんど周りに人がいない時期もありました。
じゃあなんでこんなに増えたのか?
もし今友達を増やしたいと思っている人がいて、その参考になればと思って書いてみたいと思います。

 

友達の増やし方

結論から言っちゃいますと、もうね、出かけることに尽きますよ。
なるべく新しい場所に顔を出す。
それしかないと言っても過言じゃないかと。

振り返りますと、友達が異常に少なかったのは職人が終わって帰ってきた頃。
10年以上東京暮らしでしたから、地元の友達ともほぼ断絶。
しかも帰ってきたと特にアナウンスするワケでもなく、鈴印と自宅を行き帰りするだけの日々。
当時は鈴印の2件隣に「モチモチの木」って居酒屋さんがあって、そこに常駐するホスト役的な人と一緒に飲んでいました。
まあ元々1人でも楽しめる性格もあって、それはそれで充実した日々ではありましたし、今でも1人でやる趣味が多いのもその頃の影響かもです。
そんな状況が変わったきっかけは、今でも所属している異業種交流会に誘われたことでした。

毎週何かに呼ばれるんで、最初は自分の時間を取られて面倒臭いなって思ってたんですけど、徐々にみなさんと仲良くなっていき、人と交流する楽しさを感じるようになったんですね。
で、もう1つのきっかけは、みなさんもご存知の「シヤチハタ」の周年イベントがあって、親父が行かないっていうんで、代わりに行かせてもらったんです。
そこで名刺を1箱配るのを目標に話しかけていたら、今でも繋がっている多くの同業他社の方々と知り合うことになりました。
広がり出すと楽しくなって、今度は更なる出会いを求めて1人夜の街へ♡
そういえば合コンも毎週開催されていました。
でもそこからさらに加速したのがFacebookでした。
毎日数人単位で友達が増え、月に一度はその飲み会。
気がつけば1投稿で100人以上集まるような、今では考えられないほどの盛り上がりでした。
子供が産まれればそこの繋がりも増え、3人いるから3倍です。

ここまでくると本当どこ行っても誰かいる状況になります。
やっぱり人との繋がりより楽しいことってないですからね。
なんかふと過去1人でいた頃を思い出して、よくここまで来たななんて感慨深く思った次第でございます。

 

最後に

今思えば、1人でいた頃って人が怖かったのかもしれないんですよ。
職人時代は技術向上に本当打ち込んでいましたから、あまり外に出ることもなく、帰ってきて1人の時間も長く、都合10年くらいは人と関わっていなかった。
すると人との関わり方がわからなくなり、だったら1人の方が気が楽なんて思っていたんですね。
でもそれを変えてくれたのも周りの人々でした。

だからもし友達を増やしたいって考えている人がいるなら、出かけることを面倒くさがらないことですかね。
そんなワケで私もさらに加速させるべく、人が集まらないとできない新しい趣味をはじめました。
もう少々で発表しますので、その際はぜひお誘いくださいませ♡

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

一流と二流・・・そして超一流

私は、お客様からお金を頂くのあれば、立場や経験は関係なく全員「プロ」だと考えます。ただその「プロ」の中にも一流とそうでない方々がいるそんなイメージでしょうか。私が考える一…

  • 251 view

鈴印のロゴマークへの想い

先日は勝手知ったる友人たちとの集まりでした。いずれも共通していたのは、自社のロゴマークをカケラデザインさんにお願いしていた点。なので話題もついついそんな内容に…

  • 44 view