過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お財布を新調しました

  1. 社長ブログ
  2. 208 view

別に今までのお財布に不満があるわけではありませんでした。
逆に言うと今でも本当お気に入りのお財布でしたから。
なぜならワタクシのお財布は、鈴印オリジナル商品BLマットをお願いしているthree2four製だから。

ところが・・・

 

お財布を新調しました

これまでも散々ブログに書いているように、どれだけキャッシュレスが進もうが、お財布がなくては生活ができません。
だってキャッシュレスが使えないところがあまりに多いんだもん。
「キャッシュレスが使えない」って表現が、ことの複雑さを表しています♡

ってなるとやはり肝心なのはお財布です。
みなさんも同じような経験をされていると思いますが、ワタクシもこれまで試行錯誤してきました。
完全オーダーで作ってもらったり、ブランドのお財布にして所有欲を満たしたり、入りきれないんでバッグ形状のお財布にしてオールインワンにしたり、逆にミニマムにしたり。
ところが素人が考えるオーダー品ってどれほどこだわって作ってもらっても、結局使いにくいんですよね。
誰でもわかるブランド品って、ワタクシ的には誰かと被って嫌になる。
大きい財布だと持ち忘れはないけど、財布自体が邪魔になってくる。
ミニマムすぎると1つじゃ足りない。

なんか良いのないの?

そんな折に出会った松山氏が手がけるLIZシリーズに一目惚れ。
なぜなら究極のミニマムの長財布だったから。

詳しくは過去のブログをご覧ください。

一方で、その後心残りができるアイテムを見つけてしまいました。
同じLIZシリーズの、藍染クロコが発売。
その発色の美しさが忘れられず、結局休日用にミニマムな2つ折りPOCKETの藍染を、子供たちのために購入しました♡

松山さんの勢いはそれでも止まりません。
藍染をバージョンアップした、紫紺染めなる染色方法を独自開発。
ちなみに紫紺とは、厳選したクラスト(染色前の革)に藍染を繰り返して濃い色に持って行った上で紫根を染め重ねて深みを出し、夜、屋内屋外で様々な表情を見せてくれるオリジナルカラーだそうです。
そんなこだわりの詰まったなんとも言えない深い紫がかった藍染で、使うほどに明るくなるというエイジングもわかりやすく感じられる。

そんなある日、また例によってインスタを見ていると・・・

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ENLIGHTMENT(@enlightment20151210)がシェアした投稿

出た♡

聞けばイベント用にLIZの究極モデルを作られたようです。
外装が紫紺の、ワニ革の最高峰、学術名ポロサスと呼ばれるスモールクロコ。
内装は紺色の、革のダイヤモンドとも呼ばれ、その希少価値から革の最高級の1つでもある馬のお尻の革、コードヴァン。
無意識のうちに、直接連絡しているワタクシがいました、、、汗

その引き手部分にこれまで愛用しているガーゴイル獅子を差し替えていただき(ガーゴイルは以下)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

satoshi matsuyama(@three2four212)がシェアした投稿

「これ以上ないのができましたよ!」のお言葉と共に、本日手元に届きました。
本当three2fourさんのインスタは、どれだけ見ていても飽きないです。

 

最後に

繰り返しますがLIZの特徴は、究極にミニマムな長財布であること。
そのため内容量に制限があります。
ってことは逆に中身を選りすぐるだけでなく、小銭が貯まると貯金箱に入れたり、領収書はさっさと精算したりと、常にミニマムの状態を作るため管理がマメになります。
無理やり入らないことはないですけど、革も含めてお気に入りだから、型が崩れることが何より嫌。
またLIZを使うようになってから、ヒップポケットにお財布を入れるのを辞めました。
同じく型崩れが嫌だから。
キャッシュレスに移行したのも、小銭でお財布がパンパンになるのが嫌だったのも1つの理由ですから、結局このお財布からライフスタイルが始まっているわけです。

ファスナーも驚くほどスムーズでむしろ開け閉めしたくなるほどですし、開けると全てが一目瞭然の見やすさ。
新しいうちは開け閉めのたびに、大好きな革の香りに包まれます。
革をこよなく愛するワタクシが超絶惚れ込んだ革質だけでなく、使い勝手の良さまでも追求されているお財布ですから、今後これ以上のものに出会えるのでしょうか?
まあ彼のことですから、また何かやってくれるのかもしれません♡

よくお財布を変えると金運がアップするなんて聞きますけど、それってお財布を大切にすることからはじまるような気がします。
大切に使うために細かく管理して、どういう状態になっているかを詳しく把握しておく。
経営も体重も一緒ですね。
大雑把になると途端に経営は苦しくなるし、体重は重くなる。
逆だと良いのに♡

そんなワケで、金運が上がることを心より願います。
それにしても強烈な満足度に包まれ、思わずブログに書いてしまいました。
究極は、想像以上に究極でした。

 

three2fourさんへのお問い合わせはこちらから

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

お金がなくてもスープラに乗る方法♡

誰しも憧れの車ってあったりすると思うんです。最近は若い世代を中心に車が売れないなんて話も聞きますが、ワタクシと同世代以上の方々なら、車って自分の象徴みたいな存在である…

  • 376 view

コードヴァンとは・・・

いや~革って本当にいいモンですね!鈴印 鈴木延之です。なんだかね、革スイッチに火がついてなかなか消えんのですわ!だからね、続けますよコードヴァンの話?そもそもコードヴ…

  • 274 view

遊園地で年齢制限が微妙な時の対処法

さすがにアバラの痛みを抱えつつ1日おきでのスノボーはキツイと、これまた親の都合で向かった先は遊園地。ところが、ある一定の年齢になってしまえば何の関係もないのに、ドンピ…

  • 269 view