過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

実印はわが子への贈り物 〜親父から私への贈り物〜

  1. 印鑑の物話
  2. 225 view

こんにちは!鈴印 鈴木延之です。

「実印はわが子への贈り物」
今回は私と親父の実印にまつわるお話をご紹介したいと思います。

t01540186_0154018612598696477

実はですね、私は実印を親父に彫ってもらっておりません。
銀行印や認印は彫ってくれたんですが、実印だけは彫ってくれませんでした。
彫ってくれずにこの世を去りました。
だからその理由はこれから私が一生掛かって答えを見つけるテーマだとも思っております。

でもたった一度だけ、実印を押す体験を私にさせてくれました。

それは私が今乗ってる愛車の契約の時でした。

私は小さい頃、街中を走る全ての車種を言える位かなりの車マニアだったそうです。
ですから、最初に乗る車を想像しては胸躍らせる人生を歩んでいたようにも思います。

でもようやく手にしたのは、小さい頃予想していたより遥かに遅い28歳の時でした。

理由は、浪人してから大学に行き、ハンコを彫る修行を終えてからようやく買えたからなんです。
でもそれは恥ずかしながら自分で買った物ではなく、親父に買ってもらった物でした。

親父は常々「運転がおぼつかない最初に乗る車こそ新車に乗れ」と言っておりました。

「多少キズのある中古車より、ビカビカの新車の方がキズつけないように慎重に乗るだろ?だから事故を起こしにくいんだ」

との理由でしたが、そのせいで大学生や修行している身分では到底買える代物ではありませんでした。

「代わりにきっちり修行を終えて帰って来たら俺が買ってやる」

当時は全く嬉しくありませんでしたよ。
だって自分の力で買いたかったですから。

でもその言葉が修業時代の支えにもなっていたのも事実でした。

「車を買ってもらう瞬間は、ありがたがる気持ちでなく、誇った気持ちで買ってもらおう!だから文句を言われないだけの技術を身につけて帰ろう!」

しかしながらその5年は途方もなく長いんです。
何度心が折れそうになった事か・・・
その度に車のカタログを見て、いつか訪れるであろうその日を夢見て必死に毎日彫っておりました。

そうしている内にある日突然、1台の車に心を奪われました。
それは国産車では一番頑丈と言われている車です。

「死んだら終わりだからさ、一番死なない車がいいんだよね!」

そんな事を自慢げに親父に話し、親父もその時は黙って聞いてくれていました。

そんなこんなでようやくたどり着いた契約前日。

約束だからとまさかの一括払いの現金!(それだけでも腰を抜かしそうでしたが)

それと会社の名義での購入でしたから

有限会社鈴木印舗の実印を、こんな話と共に手渡されました・・・

「今までよく頑張った!でもこれはご褒美じゃなくて、今まで家で働いてたと仮定した場合の報酬だから。
でも1つだけよく覚えておけよ。
もし万が一お前がこの車で人を轢いて、万が一命を奪ってしまった場合、お前が生きていてもここではもう商売はできないんだぞ。
保険でお金を払えば済むってもんじゃないんだ。商売は信用だ。事故を起こしてしまったら、その信用をなくしてしまうんだ。
だからそのつもりで契約しろよ。」

この話は未だに強烈に私の心に残っております。

そんなこんなでようやくたどり着いた契約当日・・・

目の前の大金と、これから納車される車と、前日の親父の話が思い出されて、緊張して手が震えて上手く押せないんです。

本当、何回か押し直しましたよ。

四苦八苦しながら無事契約成立。

すると親父が一言

「実印を押すって事はそういう事なんだよ。これからこの仕事に携わる以上、その経験を忘れんなよ!」

今思えば、全部仕組まれていたようにも思えるんですが、間違いなく「捺印」という行為の重さを強烈に体験させてくれました。

その経験が実は私への贈り物だったのかな?

書いていてそんな事を思わずにはいられなくなりました。

そしてその車は今、私の大切な妻と息子の命も守ってくれています・・・


鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

友達は選べ

私自身、昔から上から言われたことを素直に聞くタイプの人間ではありませんでした。まあ、今も全く変わっていませんけど♡ですからもちろん、親父に言われたことを「はい!」…

  • 291 view

電気がなくても彫れるのがプロ

そういえば昔、親父にこんな事を言われたことをふと思い出しました。親父「プロとして一番大切な事ってなんだと思う?」私「良い仕事をするのは…

  • 267 view

一枚の判下に隠された物語

ちょっと前に事業承継のことについて聞かれまして、今回の物語を思い出しました。鈴印の店頭には1枚だけ、判下を飾っています。私自身この判下にはかなり特別な想いがあるん…

  • 264 view

親父の七回忌での気づき

月日の経つのは早いもので、親父が亡くなってから7年近くになるんですね。昨日は親父の七回忌の法事でした。改めてこういう節目を迎えると、改めていろいろ…

  • 600 view