過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

意外に知らなかった捺印の法律知識

  1. 印鑑制度
  2. 1496 view

昨日もブログでちょっとだけ書きましたが、昨日は栃木県印章業組合連合会の総会でした。

総会

 

一応ワタクシ栃木県の会長です。

せっかくみなさん日曜日に集まっていただきますからね、やはり総会だけやってちゃんちゃんではなく、何かお役に立てる企画を考えないと・・・

そんな思いから1つの企画を考えました。

そのタイトルが

意外に知らなかった捺印の法律知識

「以外に知らなかった捺印の法律知識」

 

 

意外に知らなかった捺印の法律知識の講演に至るまで

他の印章店さんはどうか分かりませんけど、ワタクシはそんなに自信を持って捺印の法律知識を語れるワケじゃありませんでした。

っていうのはですね、やはり印章を購入される際にお客様から尋ねられることが多々あるんですよね。

「これどこに押すんですが?何のために?・・・」

 

ただそういった法律知識って、本来は弁護士さんや司法書士さんの分野。

だからどうしてもあやふやな知識は「専門の方にお尋ねください」なんて逃げちゃうコトも多々ありました。

なんかこれってね、商品を扱ってるのに恥ずかしいな〜なんて密かに思っていました。

 

かといってわざわざ足を運んで、1対1で教えていただくってのも、なんかちょっと?な感じでした。

で、せっかくなら総会みたいに組合員さんが集まる場で、司法書士さんに講演をお願いし、その場で教えていただいちゃったらどうだろう?って考えたワケです。

 

 

これまで持っていた捺印の法律知識はあやふやなモノが多かった

ちなみに、当然これまでも尋ねられてお答えさせていただきた知識もあります。

それって例えば、お客様から尋ねられ、市役所や法務局に確認して教えていただいた登録の際の知識。

まあこれは根拠がありますから、お客様から尋ねられても自信を持ってお答えできます。

 

あとはググった知識ですね。

ただしネットの場合、それが完全に正解って事例ばかりじゃないですよね?

だからそれぞれの相反する事例を検証して、自分なりの根拠を見つける。

でもそれもお客様に自信を持ってお答えできるかっていうと、イマイチ。

 

あと怖いのが、昔親父が言ってたコトをそのまま言ってる場合。

よく考えると、親父なりの根拠があった話でも、当の親父がいなければ根拠がないも同然。

なのにたまにあれ?って思いつつもその検証をしていなかったり、なのにそのままお客様に回答していたり。

 

そのままじゃまずいですからね。

なのでこの機会に、思いつく質問をガンガン投げかけてみました。

 

 

まとめ

そこにはこれまでの知識の根拠になるモノだったり、また完全に間違えて解釈していたモノだったり、あとは目から鱗って感じで、ものすごく楽しいひと時でした。

かなりの情報量のため、1回のブログには書ききれません。

なのでこれから何回かに分けて、随時ご紹介していきたいと思います。

 

もちろんその知識って、経営者のみならず一般の方々にも関わる事例が多数あります。

ついに鈴印ブログも密かに苦手だった法律分野に突入しますよ!

 

意外に知らなかった捺印の法律知識

第一弾「実印と認印には明確な違いがあるんです!」はこちらから

第二弾「領収書に朱肉で角印が押してある本当の理由」はこちらから

第三弾「割印って一体何のために必要なのかご存知ですか?」はこちらから

第四弾「印鑑と印章の違い」はこちらから

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

実印はパスワードと同じです

今日の黒板ネタですが、こんな感じです。実印はパスワードと同じです。あなたの大切な情報を守るためにコピーのできない手彫りが安心です。…

  • 656 view

連帯保証人にならない方法

ここでは、捺印の中でも最も避けたい連帯保証人にならない方法をお伝えします。そもそも連帯保証人は、本来連帯の相手が払うべき費用を、全て自分が肩代わりすることです。本…

  • 2439 view

押印と捺印の違い

ここでは押印と捺印の違いについて解説します。どちらも印鑑を捺すという意味で使われることはご存じかと思いますが、ここでは言葉の違いだけでなく、言葉のルーツも併せてご説明…

  • 227 view