過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

鈴印が下野新聞「通りにいらっしゃい」に掲載されました

  1. 鈴印と人
  2. 207 view

土曜日のブログでネタの先出しをしちゃいましたけど

昨日の下野新聞に無事掲載していただきました。
いやー今回も各方面からご連絡をいただき、おかげさまで日曜日らしからぬ休日でございました♡

こちらのブログをご覧いただく方の中には、当然ここ宇都宮以外の方も多くいらっしゃいますので、せっかくですからご紹介させていただきますね。

下野新聞「通りにいらっしゃい」に掲載されました

スマホで拡大するの大変だと思いますので、下にテキスト起こししますね。

通りにいらっしゃい
鈴印(川向銀座通り)

人生懸けた場 託すお守り
祖父が1932年にこの地で開業しました。プレミアム印章専門店として、素材やデザインにこだわった手彫りの印章(はんこ)を中心に扱っています。

私は3代目。18歳の時、両親から「後を継いで欲しい」と言われ、職業として意識するようになりました。大学卒業後、都内の手彫りはんこメーカーに就職。手先は不器用ですが、普通の職人が一生かけて彫る本数を5年間で彫り、経験を積みました。
はんこには実印や銀行印などいろいろな種類がありますが、企業にとって何億円もの契約や個人が家を買う時など、人生を懸けた場に欠かせない存在です。そんな重要な場面を託すお守りとして、こだわりの一本を求めるお客さんは多いですね。責任や自覚、愛を込め、親から子に贈る方もいます。
最近、押印廃止の流れが行政を中心に進んでいますが、個人レベルではあまり変化がありません。一生ものか、100円のはんこをもつかは個人の価値観ですが、うちは「はんこが大切」という人のために作り続けます。新型コロナウイルス禍で、昨年からオンライン相談と販売も始め、商圏が全国に広がりました。
川向銀座通りの「川向」は、江戸時代に宇都宮城から見て「川の向こう」という意味。うちの祖父が「ただの川の向こうじゃない」という気概をこめ、通り名に銀座を付け足したと聞いています。
(五月女裕美)

 

最後に

それにしてもみなさんちゃんと新聞を読まれてるんだなと驚くと共に、やはり地元紙の底力を感じさせていただいた出来事でございます。
また記者さんの文章力を改めて感じます。
こうして文字起こしとかすると、改行とか漢字の方が読みやすいのか?ひらがなの方がいいのか?なんて、いろいろ気づきがあるもんです。
例)色々→いろいろ
しかも結構ワタクシ適当にしゃべってたのに、きちんとまとまっている感動。
恐れ入りました。
五月女さん、ありがとうございました。

また冒頭でも書きましたが、この新聞掲載を記念してただいまサマーフェアの延長も行なってますので、もしタイミングが合えばこの機会にぜひ。

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

はんこ新聞完成!

これまで鈴印では鈴印新聞をはじめ、様々な季刊誌を発行して参りました。そして数々のメディアでもご紹介いただきました。毎回ご協力いただいたみなさま、そ…

  • 496 view

下野新聞掲載の舞台裏

昨日下野新聞に、ワタクシを掲載していただきました!まさかの紙面の1/4と巨大!ただただ先代までが作ってくれた道標に従って進んで…

  • 256 view

日々、もみじに初登場☆

日々、もみじに初登場☆こちらは非常にレアな地域限定情報誌。タイトルにありますように、今や宇都宮を代表するおしゃれスポットとなりました商店街、もみじ通り…

  • 401 view