過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【デッドストック】実印や銀行印に適した(民生)60×15㎜が1本入荷しました

  1. 印材
  2. 91 view

デッドストックは、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

 

【デッドストック】象牙(民生)60㎜丈×15㎜丸実印の特徴

再び民生のデッドストックが入荷しました。
ありがたいことに最近では、店舗様から直接ご連絡をいただきことも増えてきました。
もちろんその全てを引き受けることはできませんが、ご連絡の数に比例して上質な印材も増えますので、非常にありがたく感謝申し上げます。
そして、新たな民生と出会いました。

こちらのサイトで新たに語る必要もないのかもしれませんが、最高峰の印材です。

民生
民生とは今は亡き象牙の象嵌士「山崎民生(みんせい)」さんによって取り出された印材。
最も有名な象嵌士でもあり、文化功労者賞を受賞された民生さんが手掛けた印材は、証としてその名と花押を彫り込まれ、現在ではほぼ全て入手困難となっています。
民生の銘入りの材料はどれもが特に厳選された象牙から作られているため、その独特なアイボリー色の魅力もさることながら、私たち彫刻士にとってはなんとも言えない硬いけど滑らかに刃物が走る感触が、他にはない独特な気持ちよさと緊張感を感じさせてくれます。
年代物のため保管状態に大きな違いがありますが、当社は専用セラーを用意し、仕入れたままの状態を維持し続けています。

印の素材の最高峰は今も変わらずに象牙であることは言うまでもありません。捺印した際の印影は、鮮明かつきめ細やか。時間の経過と共に美しさを増していく様は、象牙をおいて他には存在しません。
また天然材特有の品質は初代より「象牙の品質はお店の信用」の言い伝えを元に、全て店主の目利きを担保にし、国内最高峰の素材のみを厳選して安心を提供します。
いずれも他ではなかなか手に入らない至極の一品。
本物は歴史が証明しています。

 

僅かな色焼けが2ヶ所見られます

1つ目の色焼けは金丹の下の部分です。
どうしてもこのラインは変色しやすいです。
なぜなら丹入材の場合、ケースに入れておく際にこの向きにしておくから。

もう1点が以下になります。

写真でわかりますでしょうか?
鞘の部分が、若干の変色をしています。
正確には鞘に包まれている部分が元の色で、線より上が色焼けになります。
かなり意地悪に撮影しているのもあって、実際にはこれよりも目立ちません。

とまあ書いてきましたが、天然材でしかも明るい色をした象牙ですから、経年変化とともに変色するのが当然です。
つまり言い換えるなら本物の証とも言えますね。

 

ケースは手作りのKFケース

こちらの民生は色焼けもあって、なるべく安く済むように設定しました。

その1つがケースになりますが、ワニ革ではなくトカゲになります。
革のキメがワニより細かいため、逆にトカゲに交換される方もいるくらい人気も高いケースです。

またそれだけではありません。
見ていただきたいのがココ。

僅かに窪んでいるのがわかりますが、これが鞘の段差に合わせた証拠です。
KFケースは印材に合わせて作るのですが、鞘の部分は当然印材よりも太いです。
そのため鞘に合わせてくり抜いてるんです。

単純に考えれば鞘に合わせた寸胴型でも十分にケースの役目は果たせますが、そこまでこだわるのがKFケースの美学です。

 

 

1本限りとなります

民生ですから、当然一本限りとなります。
鈴印のサイトでは当たり前のように15㎜が並んでいるように思われがちですが、状態の良い民生は本当に貴重です。

【民生】象牙60㎜丈×15㎜丸実印の購入はこちらから>

 

 

マスターピース・デッドストックとは

マスターピースとは、鈴印の長年の歴史に裏付けられた至高の傑作たち。

印章素材のほとんどは天然材です。
工業製品と異なり天然材は品質が一定ではないため、それぞれに大きな個体差があります。
個体差を知る例として、こんな話もあります。
最高級の天然皮革は最初に王室、次にヨーロッパのスーパーブランドに卸されます。
そして残ったレザーが最後に一般市場に出回ります。
本当に良い天然素材は長年の歴史によって流通経路までも決まっており、それらを後発として入手することは非常に困難です。

私たち鈴印は創業より、特別に良い素材のみを集めて参りました。
結果として、優先的に優れた素材が集まるようになっています。
またそれらは全て、専用セラーによって厳重に保管されています。

マスターピース:傑作・名作

マスターピース
傑作・名作
Wikipediaより

マスターピースはこちらから>

 

 

デッドストックは、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。
品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。

印章店においての素材は、その店のこだわりです。
なぜならその店主が惚れ込んで手に入れた特別なアイテムだから。
ところが眠ってしまっている宝物のような素材もこの世にはたくさんあります。
そういった全国各地に眠っている宝物に再び光をあて、みなさまに届けることができないか?
良い品と、それを欲するお客様の橋渡しをするのが、デッドストックです。

デッドストックはこちらから>

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

ソールドアウトのお知らせ

ソールドアウトのお知らせです。ソールドアウトになった商品は、マスターピースの日輪でした見た目の美しさのみならず、とにかく個体数があまりに少なく、ほとんど市…

  • 257 view

なぜ鈴印では象牙をオススメするのか?

鈴印では創業より、印鑑に最適な素材は象牙とお伝えてしてきました。もちろんそこには理由があります。今では象牙に限らず魅力的な素材がたくさん見受けられますが、それでも…

  • 1455 view

ソールドアウトのお知らせ

ソールドアウトのお知らせです。ソールドアウトになった商品は、デッドストック【象牙(民生)】銘なし45×15ミリでした今回ソールドアウトになった商品は、デッドス…

  • 36 view

ソールドアウトのお知らせ

ソールドアウトのお知らせです。ソールドアウトになった商品は、トビのファンシーケース入りでした印章は、印材とケースの彩りや素材で無限の組み合わせが可能です。…

  • 58 view