過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

社長になった事を自覚した瞬間

  1. 鈴印と人
  2. 399 view

お客様の実際の生のお声ほど、リアリティのある言葉はありません。

それはやはり実際体験された方の生の声だからでしょうね。

 

鈴印には様々なお客様がいらっしゃいます。
それこそこれから会社を興そうという創業者の方から、後を継ぐ後継者の方まで。

世間ではよく、創業者は一から会社を興したから凄い。
それに比べて跡継ぎはお坊ちゃんだから甘い・・・
なんて事をまことしやかにささやかれたおりますが

ま、そういう方もいらっしゃるとは思いますが
不思議と鈴印にいらっしゃるお客様は、気合いの入った方々ばかり!

 

今回ご紹介するのは、そんな後継者の方。

「いよいよ後を継ぐ事になりましてね。
ま、実際は今までも実質私が仕切ってるような状態でしたから、ただ単に肩書きが変わる位のイメージしか持っていないんですけどね。
でもこうやってハンコを作り直したりして、社長になる準備を進めるに連れて徐々に気持ちが高まっていきます。」

今回のお客様は、代表者変更に伴い社名も一部変更。
そのため実印から何から全て一から作り直しでした。

 

こちらのお客様は以前から先代の社長さんからは判の事を色々聞いていたそうです。

「会社の実印ってのはな、会社の顔だ。
つまり社長と一緒なんだよ。
だから会社の実印がコロコロ変わってるようじゃいかん!」

「ハンコってのはな、職人さんが作る作品だ。
だからお店によって技術の差が物凄くあるんだから、ヘタなトコで作るなよ!」

「お前な、気軽に代表印をポンポン押すな!
会社の実印を押す重みは、その会社の重みと一緒なんだ。
それってつまりは会社としての意思の表明なんだ。
分かってんのか?ハンコの重みを知れ!」

そんな判にまつわる数々の興味深いお話を聞かせて頂きました。
我々、判を業としている人間からしますと、こんな嬉しいお話はないですよね。
貴重なお話をありがとうございます。

 

それから数日後、そのお客様から連絡がありました。

「おかげさまで先日作って頂いた会社の実印、あれ遂に押してきましたよ。
いや〜まさかあんなに緊張するモノだとはね〜。
これでいよいよ社長になるんだっていう高揚感と共に、社員さんの事が頭をよぎりました。
あの人達全員の人生をこれから背負うんだなって。
そんな事を考えたらね、手が震えて止まらないんですよ。
いや〜しびれる体験でしたね!
そしてその想いを全部覚悟して実印を押したその瞬間、俺はこれから社長になるんだって自覚が芽生えました。」

6b196b45-s

社長になるって、例えどんなに大きな会社でも、例えどんなに小さい会社でも一緒です。

そこには共に働いてくれる社員がいます。

仮に社員がいなくても、家族がいます。

そのみんなを守る決意表明が、代表者印の捺印にはこめられているのです。

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

産まれて来る我が子のために名を刻む

鈴印では常に「実印は親から子への贈り物」と言っておりますが銀行印も一緒です。皆さんの中にもお子さんに銀行印を作ってあげた方は多いと思うんですが、いつ頃作られましたかね?ち…

  • 271 view

実印は親としての最後の贈り物

本日はお客様の言葉をご紹介します。先日友人から、成人を迎えるお子様に実印を贈りたいとの相談を受けました。当ブログでも書いていますが、実印は親から子への贈り物です。…

  • 51 view

実印は我が子の未来へのメッセージ

実印はわが子の未来へのメッセージまた大切なお客様から熱いメッセージを頂きましたのでご紹介したいと思います。その方は私とほぼ同世代のお客様。 普段から仲良くさせて頂いてます…

  • 251 view