過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

鈴印新聞Vol.3

  1. お店の話
  2. 141 view

vol.2から続きます。

個人的には鈴印新聞史上最高傑作の表紙にして、かつもうパロディは卒業でもいいかな?などと感じた大作♡
さすがにコレが印刷されて届いた日にゃ、発送して良いものが2〜3日悩みましたって。
だって鈴印のお客様はちゃんとした方が多いんですから。

鈴印新聞Vol.3表紙

ご覧いただけば分かりますように、特命係長只野仁のパロディです。
今見ても恥ずかしい♡

鈴印新聞vol.3_中面

チタンという最高の質感を 本物を知る貴方へ

印鑑のイメージを覆す、シンプルかつスタイリッシュな装いがチタンの魅力。
手に持つ重厚感のある印鑑の重みが、今から捺す契約書に
気合いのこもった鮮明な捺印を残します。
捺したあとの満足度は他の印材では比べものにならないでしょう。
また、すっきりとしたクールな質感は。持つ者の品格を漂わせ、
高いステータスを感じさせてくれます。

鈴印新聞vol.3_裏面

実印は我が子の未来へのメッセージ

また大切なお客様から熱いメッセージを頂きましたのでご紹介したいと思います。
その方は私とほぼ同世代のお客様。
普段から仲良くさせて頂いてますからね、改めてハンコについて話すことなんてモチロンありませんよ。
でも不思議ですね、鈴印の店頭ではなぜかハンコの話が中心になります。
そしてその方はこんなお話をしてくれました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私も成人の時に、親父からもらったものすごい実印をずっと使ってます。
「これからお前も成人だからな、今後はこの実印を大切に使え」
なんて言葉だけで渡されたんです。

正直いいますとね、その頃はまだハンコの価値なんて分からなかったですから、恥ずかしながら「実印なんてそんないいのいらね〜よ」なんて当時は思ってたんです。
でもここ最近、会社の社長になりまして、社長ですから、実印を押す機会もかなり増えました。
その時に出すんです、その実印を。
ものすごく立派な化粧箱から、ものすごいケースに入った実印を出す訳ですよ。
本当、ちょっとした儀式ですよね(笑)
でもね、その儀式を行っていると相手方の雰囲気が変わっていくのが分かるんです。
そしてその独特の緊張感の中に身を置くと、私も自然と身が引き締まる思いに包まれます。
そんなピリッとした雰囲気の中で押す訳なんですけどね、その時いつも思うんです。
「親父ありがとう!って。」
だって誇らしいんですもん、そんな立派な実印を押す事が。
誇らしいから自信を持って押せるんです。
多くは語りませんけどね、きっと私の今のシチュエーション、つまり私の未来を想定して作ってくれたんだと思うと、さすがだなって思います。
きっとこの実印に私へのメッセージが込められているように思うんです。
ま、照れくさいんで改めて確認もしませんけどね(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
男の親子なんて、どちらもそんな感じかもしれませんよね。
でも心の中の想いはどなたも一緒なんでしょう。
ここぞという場面で恥ずかしい思いはさせたくない!
そのために様々なメッセージを込めて未来のわが子にむけて、実印というカタチを贈られるんでしょうね。
いやはやいつの世も親は偉大です!

そしてこれは後日談がありまして、機会があってその実印を見せて頂くと
その化粧箱には「鈴木印舗」の文字が・・・
そうなんです。
その方がお父様に渡された実印は、私の親父が彫った物だったそうです。
『実印は親から子への贈り物』
ここにも親父のその言葉が生きておりました。

編集後記

鈴印新聞をご覧のみなさま毎度ありがとうございます。
今後は春夏秋冬にはお届けできるよう目標を立てつつ、まずは春号!
鈴印新聞第2弾からご覧頂いた方は、あれ?文章量がだいぶ減った?なんて思われたかもしれません。
密かに鈴印新聞には毎回隠れたテーマがございまして、第1弾はスタッフのご紹介、第2弾はハンコにまつわるあれこれ小話のご紹介でした。
そして今回はプロカメラマンによる鈴印の新作「チタン」をイメージした写真のご紹介。
実は第2弾からの鈴印新聞はa.k.art-works代表の饗庭克彦カメラマンに編集をお願い致しております。
※饗庭プロはあの日光アイスバックスさんや二期倶楽部さん等の専属カメラマンさんです。
せっかく超一流のカメラマンとのコラボですからね、そんな訳で第3弾は「プロの写真」を楽しんで下さい。
表紙も凄いテクニックの無駄遣い(笑)
プロならではのこだわりが随所に垣間見る事が出来ると思います。
そして文章量が物足りないみなさま、ご安心ください!
右のQRコードを携帯で撮って頂きますと、私鈴木延之が書いた編集後記のつづきがご覧頂けます。
こちらは他には一切ご紹介しておりませんので、鈴印新聞をご覧頂いたみなさまのみの特典となります。
それに!相変わらず毎日ブログを更新しておりますので、それでも物足りない方は毎日そちらをお楽しみ下さい。

 

鈴印新聞vol.4に続く

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

鈴印新聞Vol.4

vol.3から続きます。2作パロディが続きますと、次はなに?ってな期待は当然起こるかと思います。そうなると裏切りたいのが人情ってモンです。なので全く違うベ…

  • 230 view

鈴印新聞vol.10

本当またしても久しぶりになってしまいましたが、ようやく鈴印新聞vol.10を発行しました。前回vol.9が、2018年12月発行ですから、おおよそ3年ぶり、、、汗…

  • 135 view

鈴印新聞のこれまでを一挙ご紹介!

これまで鈴印では、鈴印新聞なる季刊誌を発行しておりました。ってしみじみ書けたのは2016年3月7日の時期だから。このリライトをしている2018年5月6日から振り返…

  • 172 view

鈴印新聞Vol.7

vol.6から続きます。シリーズ初の対談企画。「使えるものは親でも使え」という親父の格言の元、以前からよく存じ上げていた物井さんがこの度レクサス初の女性GMに…

  • 1237 view

鈴印新聞 編集後記

鈴印新聞をご覧頂いたみなさま、いつも鈴印をご愛顧頂き誠にありがとうございます!そしてわざわざお手数を掛けこちらのページまでご覧頂き誠にありがとうございます!そんなお礼の気…

  • 213 view

鈴印新聞Vol.6

vol.5から続きます。ぼちぼちウズウズしてきたんですね。そろそろパロディ系やりたいなって。そんな折、ご縁あってツインリンクもてぎで行われるアウディの走行…

  • 406 view