過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

印章を大切にされる会社の特徴

  1. 鈴印と人
  2. 189 view

なんとなく昨今、多くのメディアでハンコ不要論が巻き起こっています。
私の見る限りでは三文判をなくそうとする動きだったり、また電子契約にすることで莫大な売り上げを上げようとする勢力だったりのようです。
まあ少なくとも時代が変わろうとして、混沌としていることは間違いありません。
そんな中おかげさまでとてもありがたいことに、非常に忙しくさせていただいております。
それはきっとこんなお客様に恵まれているからかもしれません。

印章を大切にされる会社の特徴は、長く続いている企業

これは親父もよく言っていましたが、長く続いている企業って印章を非常に大切にされている場合が多いです。
今月も私と同世代の継承者の多くが、社長交代のタイミングでご来店。
上記のような話も交え、色々とお話を伺いました。

私の両親は印章を非常に大切にしていきました。
最初はその意味が分からなかったんです。押す意味も分からないし、なんでもいいって思ってましたから。
でもある時とても大きな契約を結ぶ際に同席させられたんです。
その際に実印を押す瞬間、いつも私が知っている父ではありませんでした。
なんかこう鬼気迫るというか、覚悟を決めるというか、捺印に恐ろしいまでに真剣に向き合ってたんですね。
今ならその理由が分かります。だってあの時の契約があったから今があるので。
逆になかったらと思うとゾッとしますね。

多分これからの未来を見据え、私に託す決断を示したかったのかもしれません。
本人は何も言いませんでしたけど。

捺印の重みと怖さをご存知で、だからこそ大切だということを伝えたかったのでしょう。
不思議とあのケースから出して、朱肉を付けて、上下を確認しながら気持ちを落ち着けて、未来を想像しながら捺す瞬間って、独特の緊張感が伴いますからね。
それはそのはずです。だって実印を捺す時は、企業の命運がかかっている時ですから。
老舗と呼ばれる企業は、捺印の大切さも一緒に継承されているからこそ、長く続いているのかもしれません。

最後に

印章を大切にすることって、契約を大切に考えることです。
自分のこと、自分の家族のこと、自分の社員のこと、そして相手のこと。それらを総合して考え、みなが良い方向に進むように捺印します。
つまり契約にしっかり責任を持つことが、印章を大切にすることに繋がります。
だから信頼されると私は思います。

今後簡単なやりとりに関しては、簡単なデジタルが進むのかもしれません。
一方で重要な決断を必要とする契約は、対面でしっかりと捺印するアナログの方がお互いの意思の確認ができます。
なんでも簡単で便利にすればいいってことではないですよね?
契約は自分の周りの人たちや、相手の全てが関わります。
つまりそれらを敬う行為が契約です。
相手を敬う行為は簡略化すべきではないのであれば、アナログはこれからも必要とされるのでしょう。
そして長く続く企業は、見えないところで重きを置くポイントをも継承されているようです。

伊達に長く続いているんじゃないんですよね。

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

決め台詞は「ハンコ捺さねーぞ!」

今日はお客様の言葉です。ありがたいことに鈴印は、印章をとても大切にされるお客様に支えられています。そしてみなさんからは、リアルな現場の捺印にまつわる事実を教えてい…

  • 312 view

お客様の声ページを更新しました

とてもありがたいことに、鈴印には日々お客様からの貴重なお声が届いています。そしてお客様から許可をいただいたお葉書に限りまして、HPで公開させていただいております。…

  • 208 view

三文判に潜む危険

ここではよくある三文判、いわゆるタワーなどに入っていて安価に手に入る、大量生産の印を使うリスクに関して解説します。印を求められるには、それなりの理由があります。最…

  • 2088 view

お客様の声

このたび鈴印ホームページに新コーナーを新設致しました。その名もずばりお客様の声「ウチに来てないよ!」「こんなの見た事ないよ!」って方も多い…

  • 247 view

押す方は100/100でも、受け取る方は1/100

お客様の言葉です。やはり成功されてる企業の社長さんの言葉には重みがあります。その方は特に鈴印ブログを読んでる方ではないんですが、やはり同じようなニュアンス…

  • 803 view

マッコウクジラを購入されたお客様の声

お客様の声は私たちの励みです。それはきっと不安があるからかもしれません。なぜなら自分たちでは最高だと思っていても、それを実際に使う、つまりご自身のものとして手に入…

  • 274 view