過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

太政官布告って覚えてます?

  1. 印鑑の物話
  2. 2966 view
■太政官布告って覚えてます?昔、授業で習いましたよね?

t01810278_0181027812456910951

なんだったっけ?

って方の為に

まずはWikipediaで調べてみましょう!

太政官布告(だじょうかんふこく)・太政官達(だじょうかんたっし)とはともに太政官によって公布された明治時代初期の法令の形式である。

なんの事やらさっぱりワカリマセンね?

これが一番分かりやすいですかね?

t02200293_0800106712456897471


明治6年10月1日、太政官布告により印鑑登録制度が定められました。
以来、実印認印等の印章は日本社会において重要な役割を担い今日に至っています。
私達は、この日を記念し10月1日を印章の日と定めました。


ちょっと話がそれちゃったみたい?

それではもうちょい分かりやすくご説明しましょう!

江戸時代まで日本人は、一部の上流階級の方達しか「お名字」を持っておりませんでした。
そしてその一部の上流階級の方達しか印鑑を使う事も許されておりませんでした。

それがこの「太政官布告」により、一般の人達も姓を持ち、それを名乗る事を許され
そしてご自身の姓名の彫刻された「実印」を持つ事を許されたのです。

その時の感動たるや、それはそれは想像を絶する喜びだった事は想像に難くないですよね?

我々のご先祖様がご苦労の末にようやく手にした歴史があっての我々の「氏名」です。

今でこそ当たり前になっております「姓名」ですが、そんな歴史を紐解いてみると改めてご自身に姓名がある価値を再確認できるのかもしれません。

なぜ実印はフルネームなのか?

そのルーツは間違いなくそこにあるのですから。

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

鈴印の実印は30分ではできません

おかげさまで鈴印にご来店のお客様は「実印を作るのには時間がかかる」と思っていただいてる方が多いです。逆にありがたいことに「30分で彫っちゃうって心…

  • 229 view

ハンコは見栄で作るもの?

「へ〜そうなんだ〜。高いはんこ作る人って、ずっと見栄で作ってるモノだとばかり思ってました!」あるお客様のお言葉でした。 だって言い方は悪いですが、見栄を飾るために買うのな…

  • 615 view

良い材料は寝かす期間が長いんです

どんなモノにも素材の善し悪しがあります。そして我々はプロである以上、商品の善し悪しをきちんとお伝えする義務があります。ハンコってなんかよく分からない?って…

  • 630 view

印鑑は覚悟の証

先日、司法書士の友人と話す機会がありました。司法書士といえば、法人の登記に関わるお仕事です。登記といえば印鑑です。なかなか興味深いお話が聞けました。印鑑は…

  • 54 view