過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

実印はわが子への贈り物 〜お孫さんへの贈り物編〜

  1. 印鑑の物話
  2. 237 view

気温も上がり、ますます体調もよくなる夏男 鈴木延之です☆

さてさて連日に渡りお送りして参りましたこちらのテーマ

「実印はわが子への贈り物」

ですが、

実はおじいちゃんやおばあちゃんからお孫さんに贈られるパターンもとっても多いんです。

t02200293_0800106712597136638

こんな風に表にして書きましたが

t02200165_0800060012595985567

実際お子さんが産まれる頃って、ご結婚やら新築やらで、ご両親にお金に余裕がない事も多いですよね。

それを既にご経験なさってるおじいちゃんやおばあちゃんが

「よし!めでたいからじいちゃんがこの子に銀行印を作ってやろう!」
ってプレゼントされる場合も非常に多いんです。

お孫さんの誕生を心から喜んで、何か買ってあげたい。
でもせっかくだから親がなかなか買えないハンコを買ってあげよう!
だって一番大切な物だから・・・

なんて考えられてプレゼントなさるんです。

こういったお客様とお話をすると、ご出産って本当ご家族挙げてのお祝いなんだなと思わずにはいられません。

それからですね、おじいちゃん・おばあちゃんが内緒で

お孫さんの銀行印を作って、それでお孫さんの口座を作ってあげて、その中にご祝儀を入れてお母さんにいきなりプレゼント

なんて粋な方々も多かったですよね。

※現在はご本人確認ができないと祖父母様でも口座開設はできない場合が多いので予めご注意下さい。

またこんなお客様もいらっしゃいます。

おじいちゃん、おばあちゃん、ご両親、産まれたばかりのお子様とご家族全員でご来店頂いて

おじいちゃんが「俺から今度産まれたこの子に実印プレゼントしてやるんだ!」

なんて方も多いんですよ。

「産まれたばかりの赤ちゃんに実印は早くないんですか?」なんてお尋ねすると

「この子はいずれは俺の位牌持ちだ!俺だっていつまで生きられるか分からないからさ、ぴんぴんしてる今の内に作ってあげるんだよ。だってさ、この実印が俺の形見にもなる訳だからね。」

そんな想いになんかジーンときちゃうんですよね。

そんなお客様に私も育てて頂いてると言っても過言ではございません。

ただひたすら誰よりも上手にハンコを彫れるようになる事が目的だった職人時代から、お客様や親父に鍛えられ、ハンコにまつわる物語を今度は私がお客様に伝える事が目的に変わりました。

あるお客様がおっしゃってました。

「俺は親父にね、実印は命と引き換えに押せって言われたよ。だからね、鈴木さんに作りに来たんだ」

そんな想いに応えたい。

そして伝えたい。

だから今度は教えて下さい。
そんなあなたの実印にまつわる物語を。
それをみなさまにご紹介するのも私の使命ですから。

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

実印は親から子への贈り物

知ってますか?実印は親から子への贈り物このフレーズ、私の尊敬する方と私の親父が偶然にも全く同じ事を言ってて、非常に感銘を受けた言葉です。皆さんどうしてか分かり…

  • 253 view

息子への贈り物☆

■息子への贈り物☆以前もブログで書きましたのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが息子凌太郎の1歳の誕生日に銀行印をプレゼントしました。普段は個人情…

  • 239 view