過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【マスターピース】グリーンとラベンダーの入り混じった奇跡の翡翠です

  1. 印材
  2. 136 view

鈴印オフィシャルに未掲載だった特別なアイテムをご紹介します。

宝石印の最高峰「翡翠」です。
しかも数ある翡翠の中でも滅多に手に入らなく、あまり手放したくなかったため公開を見送っていました。
個人的に自分で欲しかった翡翠です。

2022年11月9日に公開したブログですが、11日に動画を貼りました。

ラベンダーグリーン翡翠とは

冒頭でも述べた通り、鈴印オフィシャルには初掲載の宝石印になります。
そのため基本的なところからご紹介していきたいと思います。

翡翠とは

ご存じかと思いますが、翡翠は宝石の一種です。

●翡翠の色の理由
翡翠と聞くと最初に緑色が思い浮かびますが、本来は無色透明です。
なぜそこに1つ1つ異なる色がつくのかと言うと、理由は構成にあります。
翡翠はさまざまな鉱物(ケイ素、酸素、アルミニウム、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、チタンなど)が集まるため、混じり合う成分と量によって色合いが変わります。
そして色合いや模様などで希少価値が決まっていきます。

●翡翠の色の特徴
ご存知の通り、翡翠は鳥の「カワセミ」の漢字でもあります。
カワセミの美しい緑の羽の色に似た石を翡翠玉と呼んだことが、由来にもなっています。

●翡翠は色が育つ宝石
宝石は皮脂などが大敵ですが、翡翠は触れることで油分を含んで艶を増し、美しい色に変わっていきます。
その理由は翡翠が乾燥に弱く、表面の油分が蒸発すると透明度が濁ったり欠けや割れる特性があり、ということは逆に触る機会が多いほど油分の補給が適正になされていくからです。
そのため色が育つ宝石ともいわれ、身に付ける期間が長いほど美しくなります。
翡翠はぜひしまいっ放しでなく、日常的に触れておきたいものです。

●翡翠の石言葉
5月の誕生石でもある翡翠の石言葉は「健康と繁栄」
そのため西太后をはじめとした中おくの権力者たちにも愛されてきました。

●翡翠の強度
手で彫れないほどの強度があるため、象牙よりも丈夫です。
参考ですが、鉱石同士をぶつけて調べるモース硬度では、10段階中ダイヤは10、ヒスイは6.5~7、象牙は2.5となります。

つまり美しい色合いと、強度を兼ね備えたパワーストーン、それが翡翠です。

ラベンダーグリーン翡翠の特徴

こちらの翡翠は本当に珍しいです。
今回の掲載に当たってあちこちのサイトを見て回ったのですが、同じような発色をしている翡翠を見つけることができませんでした。
入手したのは今から15年くらい前になりますが、バイヤーさんも「見てください、こんなに珍しい翡翠はなかなかないですよ」と、誇らしげに見せてくれました。
もちろん私自身も一目惚れしたほど、抜群のオーラを放っていたので、次に今回のラベンダーグリーン翡翠の特徴をご紹介します。

ポイントは色合い

まず前提として、一般的に緑色を想像する翡翠ですが、色合いは多岐に渡り、その色によって価値が決まります。
一番価値が高いのがグリーンで、次にラベンダー。それ以外の白っぽい色は価値がぐっと下がってきます。

ちなみにグリーンはアジア圏で人気で、ラベンダーは欧米で人気があります。

もちろん天然石ですから同じグリーンでもさまざまな発色があり、国ごとに好まれる傾向が違っているようです。
ちなみにラベンダー色になるのは、本翡翠と呼ばれるジェダイトに、チタンや鉄が含まれたからとも言われています。
このように色ごとにも特徴があり、また同じ色でも違いがあるのが翡翠で、その中でもグリーンとラベンダーが非常に価値が高いものになります。

そしてこちらの「ラベンダーグリーン翡翠」は、そのグリーンとラベンダーが混じり入った、非常に珍しい色合いを放っています。

写真では上部の濃淡のあるグリーンが、下部には美しいラベンダーに覆われる奇跡の一品になります。

それだけ貴重にも関わらず、国際情勢によって入手がさらに困難になっているとのこと。
中国を経由して入手できるミャンマー産の翡翠は、現在中国の出国禁止によって全く流通が行われていないようです。
つまり同じものが手に入る可能性は、限りなく0に近いと言えます。

 

鈴印では他にも貴重なグリーン翡翠も保有しています。

 

最後に

翡翠は古来より、神秘の宝石として大切にされてきました。
もちろん印章に必要な要素も備わっています。
ラベンダーグリーン翡翠がその中でも別格なことは、輝石に精通されている方には言うまでもないことでしょう。

あまり積極的ではなかったにも関わらず公開しようと思ったのは、昨日442年ぶりの皆既食と惑星食を同時に見ることができたことと、決して無関係ではないでしょう。
混沌とした世の中だからこそ、自然が与えてくれる力に魅力を感じたのかもしれません。

 

ラベンダーグリーン翡翠の購入はこちらから

 

 

________________________________________________________

 

マスターピース・デッドストックとは

マスターピースとは、鈴印の長年の歴史に裏付けられた至高の傑作たち。

印章素材のほとんどは天然材です。 工業製品と異なり天然材は品質が一定ではないため、それぞれに大きな個体差があります。
個体差を知る例として、こんな話もあります。

最高級の天然皮革は最初に王室、次にヨーロッパのスーパーブランドに卸されます。
そして残ったレザーが最後に一般市場に出回ります。 本当に良い天然素材は長年の歴史によって流通経路までも決まっており、それらを後発として入手することは非常に困難です。
私たち鈴印は創業より、特別に良い素材のみを集めて参りました。

結果として、優先的に優れた素材が集まるようになっています。
またそれらは全て、専用セラーによって厳重に保管されています。

マスターピース:傑作・名作
Wikipediaより

マスターピースはこちらから>

    デッドストックは、歴史ある店舗様において眠っている希少かつ状態の良い素材のみを厳選し、特別価格にてご提供する新しい試みです。

品質には徹底的にこだわり、信頼関係の元に譲り受けた最高級品のみをセレクトします。
印章店においての素材は、その店のこだわりです。
なぜならその店主が惚れ込んで手に入れた特別なアイテムだから。
ところが眠ってしまっている宝物のような素材もこの世にはたくさんあります。

そういった全国各地に眠っている宝物に再び光をあて、みなさまに届けることができないか?
良い品と、それを欲するお客様の橋渡しをするのが、デッドストックです。

デッドストックはこちらから>

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

ソールドアウトのお知らせ

誠に恐れ入りますが、昨日公開した商品があっという間にソールドアウトになってしまいました。ソールドアウトになった商品は牙継でした毎回申し上げてい…

  • 65 view

ソールドアウトのお知らせ

ソールドアウトのお知らせになります。ソールドアウトになった商品は、最後の牙継でしたデッドストックで非常に人気の高い牙継が全てソールドアウトにな…

  • 105 view

ソールドアウトのお知らせ

一昨日ご紹介した商品が、早速ソールドアウトになりました。ありがとうございます!ソールドアウトになったのは鹿の角でした突然の思いつきの企画でした。今の鈴…

  • 98 view