過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

職人さんの手間と商品価格と日本文化

  1. 社長ブログ
  2. 362 view

日本はものづくりの国と言われます。

そしてそのモノを作っているのは他ならぬ職人の方々です。
thumb5-2

手に職を持ち、腕一本で食っていく。

その聞こえはとっても格好いいですけどね!

実際はとっても大変な側面も併せ持ちます。




自分が職人をやってたりしますと、ちょっとした会話の中からこんなコトを聞かれることがございます。

「職人さんって儲かるの?」


結論から申し上げますと、モチロン例外はありますが大概の職人さんは

残念ながらそれほど儲かりません。 



これは印章の世界のみならず、ほとんどの職種で同じようです。

ワタクシも色々手作りのモノが好きで、以前は革製品やら靴やらバッグやらシルバーアクセサリーやら色々作ってもらっておりましたけど、みなさん一概におっしゃるのは「職人ってなかなか儲からないからね〜」なんです。 



これって意外に思われる方も多いんで、簡単にご説明しますと

商品の価格を決めるのは、大きくは材料代とその職人さんの手間賃になります。


でも決して単体で販売するワケではありませんよね?

例えばiPhoneで考えますと
iPhone1つを作るだけでも、数えきれないパーツが1つ1つ別の手によって作られるワケです。
それにケースがあったり包装があったり説明書があったり、おまけにそれを流通するコストがあったり、販売する店員さんがいらしたり・・・


つまり多くの人の手を介在するため、それが全て足し算になり商品本体の価格が決まります。

だから価格を安くしようとすると、まずは簡単に職人さんの手間賃を削る、って方向になります。
だって材料代を削るのは質の再検討から再構築等、手間暇掛かって大変ですからね。
 


それが極端になってる2つの例があります。

1つは100円ショップ、そしてもう1つは高級車。


100円ショップは、日本人の職人さんだと費用が高いため、より安い中国や東南アジアで作られているそうです。



逆に高級車は最高級の車を作るため、全てのパーツを一流のクラフトマンの手で作られてるそうです。
シート1つとっても全て手縫いなんですってね!



つまりその商品の価格には、その価格分の手が掛かっているってコトを忘れないで欲しいんです。




さて、では商品の質を決めるのは何でしょうか?


それは先ほども申し上げた、材料代と職人さんの技量

そして一番重要なのが



職人さんのモチベーションです!




いくら素晴らしい材料を手に入れても、いくら素晴らしい技術をお持ちでも

やる気ゼロでは良いものなんて絶対できません!


逆に材料が安くても、腕のいいやる気に満ちあふれた職人さんが作ったモノなら光り輝きます!


made inJapan

それは日本人が古くからコツコツ作り上げた文化の証です。


そして職人さんはその技術を身につけるために、途方もない労力を日々コツコツと積み上げています。

だから大きく考えると、その歴史も踏まえて価格って成り立っているのかもしれません。


高いものには理由があり、安いものにも理由がある。


これから価格を見る時、商品のそんな裏側の物語を想像してみるのも、案外楽しいかもしれません。
 


そしてそれを大切にするコトこそが、日本のものづくりの「文化」を育むものだと私は信じております。
 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

キャッシュレスは頭を使う

驚くほどのスピードでキャッシュレスが進んでますね。私自身もとっても便利なんで、日々活用しています。ところが気がつくと「あれっ?使い過ぎてね?」確実に以前より出…

  • 238 view

コロナショックの今必要なことは?

いやはやそれにしても一難さってまた一難の五徳、今年はいろいろな良くない出来事が目白押しです。確か厄年はもう終わったはず?なんて考えるも、むしろ厄年だった頃より大変かも…

  • 177 view

縁起の良くなる印鑑ってどんな印鑑?

店頭でもよく尋ねられます。そういえば街中でも良く見かけますね「開運の印」この言葉を額面通り受け止めると「この印鑑を持つと運が開ける?」ってなるでしょうか。開運…

  • 670 view