過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

契約の時の実印は見事にその人の本質を決定づける

  1. 鈴印と人
  2. 312 view

鈴印には日々、捺印を大切にされるお客様が多くご来店されます。
やはり良い品を手にしようとされる方々は、それぞれの物語をお持ちです。
そしてそこには私たち作り手の想像を超える内容も多く、非常に興味深く聞かせていただいてます。
とても面白い内容が多いため、ブログのカテゴリーでも分けてますので、興味のある方はぜひ。

契約の時の実印は見事にその人の本質を決定づける

今回は、新車の販売をされる方のお話でした。
この業種の方がいらっしゃる際についつい私が聞きたくなってしまうのは、この質問。

契約の時って、やはりお客様の実印は見たり意識したりします?

その方も、言葉を慎重に選びながら教えてくれました。

う〜ん、やはり見ちゃいますね。
私自身はお持ちの印でお客様を見定めるようなことはしなくないんですけど、ある意味その方を決定づけるツールであることは間違いないような気がします。
と言いますのは、契約をきちんとお考えのお客様は、最初から一貫してちゃんとされている方が多いです。
だから私たちもそれにお応えできるよう精一杯努めます。
最後に契約の捺印をいただくのですが、そのようなお客様って一事が万事と言いますか、ちゃんとした実印を使われている方が非常に多いんですね。
なのでその瞬間に「間違いない」と思ってしまう自分もいます。
また不思議と逆の場合も然りなんですよね。
そう考えますと実印って、ある意味その方の本質を決定づけるものなのかもしれません。

私が興味を持ったフレーズはい「一事が万事」でした。
すごくきちんとした方が三文判って場合も少ないし、大丈夫かな?って方が良い実印を使っている場合も少ない。
契約って必ずそれを結ぶ相手がいますから、その方に失礼にならないように、きちんとして道具を使う、そんなイメージでしょうか。

最後に

契約ってどちらかが偉いとかじゃなくて、お互いにきちんと意思の疎通ができるように結ぶものですからね。
やはりお互い人間ですから双方気持ちよくやり取りをしたい、そして自分の意思を伝える1番の手段が捺印ですから、それを分かっている方はみなさん良い道具を選ぶのでしょう。
たかがハンコ、されどハンコ。
だからこそ、見ている人は見てるものです。

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

はんこって別になんでもいいんですよね?

お客様からの嬉しいお言葉は何よりも励みになります!鈴印 鈴木延之です。タイトルにも書きましたが、こういうご質問もよく受けます。「実印って登録できれば何でもいいんですよね?…

  • 404 view

産まれて来る我が子のために名を刻む

鈴印では常に「実印は親から子への贈り物」と言っておりますが銀行印も一緒です。皆さんの中にもお子さんに銀行印を作ってあげた方は多いと思うんですが、いつ頃作られましたかね?ち…

  • 272 view