過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

次男は救急車に乗れたのか?

  1. 社長ブログ
  2. 491 view

以前もどこかで書いた気がしますが、ウチの次男は救急車が大好きです。
トミカも好きですし、道を走っているのを見るのも好き。
ワタクシが運転中もうっかり「ほら!救急車きたよ」なんて教えても、すれ違いざま過ぎて見られなかった時などは、見たことがないほど激怒。
そのため最近では確実に見られるタイミング以外では、口を滑らさないように注意します。
本当、そのくらい好きなんです。

ところが、1つだけ残念なことがあります。
これまで救急車に乗ったことがないのです。
ちなみに長男は骨折で、三男は熱性痙攣でそれぞれ経験あり。
二人ともそれはそれは「大変だったと」自慢げに次男に話します。
次男は丈夫なんです。
だから幸か不幸か、乗ったことがないのです。

日曜日は乗れなかった

先日の日曜日、いつもの何もない公園に行きましたが、何もないくせに急な坂道はあります。
次男はその坂道を上からストライダーで急降下するのが大好き。
その速度は毎回こちらが鳥肌が立つほどの猛スピード。
ストライダーはブレーキがありませんから、フットブレーキのみ、というか靴底ブレーキ。
だから次男の靴はいつも、そこがすり減っています。

この日はいつもと違う車種に乗っていました。
いつもと違うから、きっとブレーキのタイミングも違うのでしょう。
遠くから見ていたんですが、いつもなら見事に止まるその瞬間・・・見事にジャックナイフ。

彼にはいつも言い聞かせています。「救急車は、ものすごく痛いか、血が出ないと乗れないよ」と。

その時は顔面から地面に叩きつけられましたので、鼻の頭を見事に強打。
すり傷と共に軽い流血。

次男
うわー!救急車乗る〜!

ワタクシ
そんなモンじゃ乗れないんだよ

次男
うわー!救急車乗る〜!

昨日は乗れたのか?

ぼちぼち仕事も終わろうかというタイミングで奥様から電話。
聞けば次男が手の親指を扉に挟んで、青く鬱血しているとのこと。
電話の後ろでは、鬼気迫る大声で「痛い〜!」と泣く次男。
慌てて帰宅し、症状を確認。
とは言えもちろん素人のワタクシですから、なんとも分からない。
だけど時間も遅くて病院はやっていない。
あまりの痛がりを見ながらも、ふとよぎる疑問。

「こいつ救急車乗りたくて大袈裟にしてるんじゃ?」

だって過去に自分が指を骨折した際の腫れ方をは明らかに違う。
とは言えそんなそぶりを子供の前では見せられません。
真剣に心配するフリをして、急いで病院に。
緊急事態からなのか途中の車の中で、色々話す長男。
時折面白い話題が出ては、思わずつられて笑う次男。
おい♡

きっと救急車に乗れないことを悟った時点で、もうどうでもよくなったのでしょう。

次男
お腹空いちゃった〜

ワタクシ
病院じゃなくてご飯食べに行く?

次男
うん!

ワタクシ
おい!

まあ腫れているのは間違いありませんからね、とりあえず病院へ。
診断は予想通り「小さくヒビが入っていますかね。念のため冷やしておいてくださいね」

最後に

みんなでご飯を食べて、無事帰宅。
ふと次男を見ると、携帯で何かをやっています。
よくよく見ると・・・太鼓の達人を、痛かった指で叩いてました♡

次男
痛い〜!

ワタクシ
知らん♡

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

日本一になりました☆

いや?おめでたいっすね!ついに日本一☆えっ?何が日本一って?えっ?知らないの???こちらですよ、こちら!宇…

  • 193 view

今宵は祭りじゃ!

本日は宇都宮のお祭り「天王祭」です。宇都宮城を出発して・・・・・えっ!宇都宮にお城なんてあるの・・・・・?あるんです!!!!!ま、その話は置いといて・・・・・…

  • 176 view