過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

良い朱肉は捺印の悩みをほぼ解消します

  1. 印鑑アクセサリ
  2. 430 view

今更言うのも恥ずかしい位ですが、鈴印はハンコの専門店です。
では専門店に足を運ぶお客様は、どういった方が多いのでしょうか?
これはもう大きく分けて2パターンですね。

  1. 商品の事がよく分からないから、専門店で説明を聞いて納得して作りたい
  2. 既に購入された商品でお悩みがあって、どうやったら解決できるのか方法を知りたい

要するに専門的知識を聞きたくて足を運ぶ方が多いんですよ。
それに対応するはやはり、膨大な知識がまず必要です。
そしてその中からお客様に必要な情報を、選択してご提案するいわゆるキュレーション力も必要だったりするワケです。
ま、それが一番難しいんですけど。

そんな中から本日は、お悩みの解消法をお伝えしたいと思います。
ハンコに関するお悩み、栄光の第一位は?

ハンコがよく写らない

2015年4月23日に書いたブログですが、ここ最近この内容のお問い合わせがメールを通じて多いため、2018年3月27日にリライトしています。

 

ハンコが綺麗に押すために必要な3つ

ではまず、捺印に必要なモノってなんでしょうか?
これは3つしかありません。

  1. 押す場所
  2. 朱肉
  3. ハンコ

ですから写らない原因も、この内のどれかに問題があるワケなんです。
では1つ1つ検証していきましょう

 

1.押す場所

つまり紙の下の部分ですね。
これは平らな場所が必須です。
凸凹した所で押したら、他がどんなに良くても写りませんからね。
だからマットも色々ありますが、鈴印ではこんな商品をオススメしておりますので参考に。

 

2.朱肉

ハンコがよく写らない場合ってね、ほとんどの原因が実はこれなんです!
先日もこんなお話がありました。

お客様
以前鈴印さんで作ってもらった象牙の実印が、最近よく写らないんですよね。

ワタクシ
そんなワケないんですけど、、、汗

そんな時私が最初に疑うのは朱肉です。なので朱肉が古くなっていないか?それとも安いのを使っていないか確認してみました。
それはつまりこういうコトです。

まずは使うハンコは鈴印渾身のプレミアムチタン。
そこにとってもお安い朱肉を使うと・・・
写ってんのか?これ?
ってなってしまいます。

ハンコがよく押せないのって、このケースが非常に多いんです。

 

ではこれをちゃんとした朱肉で押してみましょう!

どうだ!
朱肉を変えるだけで、これだけ写りが違うんですよ!

ちなみに今回使用した朱肉はこちら

BL朱肉
ぜひ写りが悪くてお悩みのみなさん、ご参考にしてみて下さいね!
さてさて、今回のブログのタイトルを見て気になった方いますかね?
いませんかね〜?

改めて今回のタイトルは・・・
良い朱肉は捺印の悩みをほぼ解消します
でしたね。

ここ気になりませんか?
「ほぼ」
そうです!朱肉だけでは完全には解消できません。なぜなら・・・

 

3.ハンコ

朱肉を変えても写らない場合・・・あとハンコは鈴印でお求めください♡
多分想像以上に押し心地が違うはずです!
自分で言うのもなんですけど♡

 

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

贈り物の連鎖が発生する朱肉

先日は父の日でしたが、みなさんはお父さんに何か贈られましたか?ちなみに私は一緒に遊び過ぎた筋肉痛という贈り物をいただきました。ありがとう♡さてさて、大切な…

  • 986 view