過去ブログ一覧

月を選択してください

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

鈴印のロゴマークへの想い

  1. 社長ブログ
  2. 44 view

先日は勝手知ったる友人たちとの集まりでした。
いずれも共通していたのは、自社のロゴマークをカケラデザインさんにお願いしていた点。
なので話題もついついそんな内容になりがちです。

今調べたら、鈴印の現在のロゴマークが完成してからちょうど10年になるんですね。
せっかくですから当時の想いと10年後をまとめてみたいと思います。

鈴印のロゴマークへの想い

今でも店頭の一番目立つところに飾っているこのポスター。
なぜならこれこそ鈴印のアイコンと考えているからに他なりません。
実はこの1枚には長い歴史が凝縮されています。

まず創業の社名「有限会社鈴木印舗」を、祖父が手書きで書いていました。
そこに「印」の筆文字を落款を、親父が手がける。
私のやったことといえば、株式会社に変更する際「株式」をそれに似せて作って、「木」と「舗」を取ったただけです。

そこにカケラデザインさんの手によって「プレミアム印章専門店SUZUIN」の文字が加わりました。

当時の想い

まず第一印象は「プレミアム印章専門店とか自分で言っちゃっていいのかな?」
もちろんデザインとしては素晴らしく「なんだこの新しさは?」だったんですが、このテキストが非常に重みにもなっていたんですね。
でもなんでしょう。
「10年後に、このロゴに見合うお店になっていたい」そんな気持ちの昂りも同時に感じることができました。

そしてこのポスターを見て最初に感じたこと。
古いものに新しいものが加わると新しく見える
これが今でもずっと根っこになっています。

当時は全て筆文字だけのロゴでした。
そのため重さや多少の古さがあったのも否めません。
ところがですよ、そこに新しい「プレミアム印章専門店SUZUIN」の文字が加わるだけで新しさが際立ったのです。
もちろんレウアウトとかも一因ではあると思いますが、この「古い+新しい=新しい」はかなり衝撃的でもありました。

印章という古くからあるアイテムです。
でもそこにどんどん新しさと足していくと、どんどん最新のものにアップデートされるわけです。
まあ私自身が新しいもの好きという嗜好もあって、気がつけば次から次へと「新」を注入し続けた10年でした。

10年後の想い

率直に言って、まだまだなんですよね。

気がつけば当時よりも、確かにその方向に向かってきたことは事実です。
ところが「プレミアム印章店」にはまだ全然到達していないんですよ。
一番には私が歳を重ねて、当時の勢いが失速しているのも大きな要因だと思います。
新しいものを投入するのが楽しくて仕方なかったあの頃と比べると、やはり面倒さが時折顔を出します。

一方でまだ到達していないということは、当時掲げた目標までにやることがたくさんあると言い換えることもできます。
もっと新しさを投入していきたい。
みなさんから見て、より魅力的な鈴印になれるように。

最後に

改めて振り返るって大切ですね。

日々の仕事に忙殺される中、一旦区切ることで次への展開が見えてきます。
今ある新しい点を早く形にしましょう。

さっ、また忙しくなりそうです。

 

鈴印

〜印を通してお客様の価値を高めたい〜

鈴木延之
代表取締役:株式会社鈴印

1974年生まれ。
A型Rh(+)

1932年創業、有限会社鈴木印舗3代目にして、現プレミアム印章専門店SUZUIN代表取締役。専門店として、印章(はんこ)を中心としたブログを毎日発信。本業は印章を彫る一級印章彫刻技能士。
ブログを書き出したきっかけは、私の親父が店頭で全てのお客様に熱く語っていた印章の価値や役割そして物語を、そして情報が散見する中で印章の正しい知識を、少しでも多くのみなさまに知っていただきたいから・・・
だったのに、たまに内容がその本流から全く外れてしまうのが永遠の悩み♡

一級印章彫刻技能士
宇都宮印章業組合 組合長
栃木県印章業組合連合会 会長
公益社団法人全日本印章業協会 ブロック長

記事一覧

関連記事

印鑑って靴と似ている?

1つの角度からしか見ていないと、なかなか伝わりにくいのも、別の角度から見直すと分かりやすくなる。今日はそんなお話。ま〜いつもの「こじつ…

  • 501 view

自粛ムードの時にできること

ネットもテレビも新聞もコロナ一色。様々なイベントの中止になり、学校も休校、卒業式もやるとかやらないとか。飲食店や旅行業は相次ぐドタキャン、ディズニーランドまで休園…

  • 153 view